2021年9月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で中継ぎ登板し、プロ初勝利となった阪神タイガースの小川一平について元横浜の平松政次、ヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



小川のヒーローインタビューの一部

小川 (ウイニングボールは)両親に渡そうかなと思っています。2年目の小川一平です。同期の(西)純也と及川より遅い1勝になったんですけど、しっかりと頑張っていこうと思うので「一平ちゃん」と呼んでください。

 

小川を語る

この日の小川の投球内容
1回12球 被安打0 奪三振1 四球0 失点0
今季1勝0敗 防御率1.80(9/8の試合終了時点)
直近6試合 9回122球 被安打2 奪三振10 四球2 失点2
プロ初勝利!

 

アナ 阪神がヤクルトに勝利ました。小川投手、プロ初勝利おめでとうございます。

 

真中 タイガースは中継ぎがちょっと苦しいかなと思ってたんですよね。平松さん、ここに小川投手が入る事によって厚みが出たんじゃないかと思うんですけど。

 

平松 昨年のルーキーイヤーも中継ぎで投げてましたよね。それで何が変わったかというと、もともと去年なんかもボールが速かったんです。でもコントロールが悪かった。

 

真中 うーん。

 

平松 昨年は大体1イニング登板でフォアボールも出してましたからね。今年はそれがなくなって安定感が増してきましたね。

 

真中 期待できるピッチャーですよね。

 

アナ はい。矢野監督も「今の一平ならどの場面でいってもいいかな」と絶賛されました。

 

真中 はい。

 

ここから決勝ホームランの大山について

 

この日の大山の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 ショートゴロ
3打席目 レフトホームラン(打点2)
4打席目 フォアボール
シーズン打率.246
直近6試合 率.400(20-8) 本2 点8

 

アナ そして打つ方では今日も大山選手が打ちました。

 

真中 大矢さん、今は打順が6番なんですけど、これからも6番のままがいいですかね?

 

大矢 7番打ったりもありましたよね。それで今は6番で打線の流れもスゴく良くなっているので、動かさない方がいいかもしれないですね。

 

真中 なるほど。まあ大山選手は4番でも6番でも7番でも必ずチャンスに回ってくるんでね。まあ、気楽に打てるのは6番がいいかなという現状ですよね(笑)

 

アナ 本当に頼もしい存在ですよね。

 

 

以上です。

ようやくいい右の中継ぎが現れた。
おすすめの記事