2018年5月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs楽天戦でソフトバンクホークスの中継ぎのモイネロ、森唯斗が打たれて楽天にサヨナラ負けを喫したサファテ不在の中継ぎ陣の不安について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、元近鉄西武の金村義明が語っています。

 



【この日のモイネロの森唯斗の投球内容】

8モイネロ 1/3回、被安打1、四球2、失点1 防御率2.87

9森 唯斗 1回、被安打2、四球0、失点1 防御率4.73

 

 

谷沢 ソフトバンクはモイネロが打たれて、森唯斗が打たれたという。こういうゲームをしていると何かサファテの離脱が非常に大きく作用しているなというね、金村さん。

 

金村 大きいですねぇ。それと相手チームが去年までだとサファテがいるというのと、サファテがいないというので『いけるぞ!』という気になりますね。競ったゲームでも。

 

谷沢 うん。豊さん、モイネロと森の防御率を見ても分かるように試合がもつれたらサファテの存在感というのが非常にね。

 

高木 やっぱり恋しくなりますよね。

 

谷沢 恋しくなる(笑)

 

高木 はい。でも、モイネロに至っては18試合ぶりかなんかの失点なんでしょ。だから、責められないですよね。

 

谷沢 うん。

 

高木 こういうゲームもあるともう割り切るしかないし、仕方ない。サファテが恋しいですよ。

 

谷沢 まあ、やっぱりこういうゲームが起こりうるんだったら石川とか中田にしても終盤につぎ込むこともあり得ますよね。

 

 

以上です。

サファテ不在がかなり大きいでしょうね。長期契約した瞬間に故障離脱されるのは頭の痛い話でしょうね。これからどれほどのしわ寄せがSB中継ぎ陣に及ぶのでしょうか。

おすすめの記事