2018年8月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し7敗目を喫してしまい、調子が全く上がらないオリックスバファローズの金子千尋について元南海阪神の江本孟紀、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の野村弘樹が稲村亜美と共に語っています。

 



 

【この日の金子の投球内容】

6回112球、被安打8、奪三振6、四死球2、失点5

今季4勝7敗 防御率3.87 (8/8の試合終了時点)

 

 

野村 オリックスの金子ですよね。

 

谷繁 ですよね。今日で4勝7敗ですか。

 

野村 そうですよね。

 

谷繁 まあ、チームもかなり借金を抱えましたしね。まあ、今日見ていると、やっぱり、その数字通りかなというようなピッチングなんですよね。

 

野村 うん。

 

谷繁 だから、昔の金子ってストライクゾーンの中でもコーナーに投げられるピッチャーだったんですけども、今はただ単にストライクゾーンに投げているのが現状の金子なんです。

 

野村 なるほど。

 

谷繁 ストライクゾーンの中には投げられているんですよ。

 

野村 はい。

 

谷繁 投げられているけど、ストライクゾーンの中で甘いんですよ。

 

野村 なるほどね。要は一番の原因としてはコントロールの精度が悪いと見ますか。

 

谷繁 はい。

 

野村 江本さんはこの金子をどう見ますか?

 

江本 ん~。俺が野球選手を引退する頃は年俸が1800万円でしたから、もうほとんど野球をやる気がなかったんですよね。そんな風に金子の顔が何となくね。

 

野村 はい。

 

江本 もうちょっと楽しいというか、「いやぁ、ピッチャーはおもろいで」みたいな表情がないと、ひっとしたら、俺と一緒でもうそろそろ飽きたという。

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

江本 もうピッチャーを飽きたのかなという雰囲気に見えるから。

 

野村 マウンド上での姿でイキイキさがない。

 

江本 そう。もうちょっと、これだけのピッチャーなんだからね。

 

野村 はい。

 

江本 「俺が西武を抑えてやるぞ」みたいなね。

 

稲村 はい。

 

江本 もうちょっと、闘争本能が顔に出てほしいよね。

 

谷繁 そうですね。

 

野村 今日、巨人の先発だった吉川は顔に闘争本能が出てましたもんね。

 

江本 そうそう。もうボクサーと一緒だから。あっ、今は協会が揉めてるし、ボクシングの話はあんまり良くないか(笑)

 

一同 ハハハ(笑)

 

 

以上です。

金子の調子が上がらないですね。ただ、金子の表情とかはいつもあんな感じでクールですよね。

おすすめの記事