2018年4月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs巨人戦で2安打3打点の活躍をした横浜DeNAベイスターズの打てる捕手・嶺井博希について元中日の谷沢健一、元巨人の松本匡史、元横浜の高木豊とフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



【この日の嶺井の打撃内容】

中安(打点1)、空三振、空三振、中安(打点2)

今季通算打率.275 (4/19終了時点)

 

 

谷沢 今日は嶺井がキャッチャーだったんですけど、まずバッティングですよね。キャッチャーで打率が.275で。

 

アナ はい。

 

谷沢 打点が9で非常に打てるキャッチャーですね、松本さん。

 

松本 そうですね。

 

谷沢 打てるキャッチャーに育ってきている。

 

松本 コンパクトにバットが出ますよね。それでボールの見極めもいいですしね。

 

谷沢 あまりステップはしないんだけど、上体の揺れもないしね。

 

松本 そうですね。

 

谷沢 豊さん、戸柱が4試合で嶺井がもう12試合でスタメンでしょ。(4/19の試合終了時点)

 

高木 そうですね。まず勝負強いですよね。それとランナーがいる時といない時のバッティングをちょっと変えているんですよね。

 

谷沢 うん。

 

高木 ランナーいないときは大振りしながら三振もしていますけど。なんか4番バッターみたいな働きをしている。

 

谷沢 そうそう。

 

高木 ランナーがいる時は確実に帰すという。

 

谷沢 だから、そういう点では今日も6番ですもんね。

 

高木 そうですねぇ。効いていますね。

 

谷沢 リード面はどうですか?

 

高木 リード面は打者心理をよく考えて裏の裏をかいていますよね。だから、今日のジャイアンツのバッターはボール球に手を出すケースが多かったんですけど、それもリードの組み立てを見ていると仕方ないかなっていうぐらいボール球に手を出しているんですよ。

 

谷沢 『打たれるまではこのピッチングでいく』というような。

 

高木 うん。こだわりもありますよね。

 

谷沢 はい。それにしても東ね。ドラフト1位の良い選手が入りましたね。今永が遅れているだけに良いピッチングでした。

 

 

以上です。

打者嶺井は割と曲者感があって本当にイヤらしいですよね。リードについては細かくはよく分からないんですけど、割と褒められている感じがするので信頼されていそうな感じですね。球界でも貴重な打てる捕手なんでDeNAにとってはかなり良い選手ですね。

おすすめの記事