2018年8月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先発し7回無失点の見事な投球で10勝目をあげて3年連続2桁勝利の埼玉西武ライオンズの菊池雄星ですが、イマイチな感じの調子について楽天で監督をしていたデーブ大久保、中日で監督をしていた谷繁元信、元広島ヤクルトの笘篠賢治がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の菊池の投球内容】

7回98球、被安打5、奪三振7、四死球2、失点0

今季10勝4敗 防御率 3.07(8/31の試合終了時点)

 

【菊池のヒーローインタビューの一部】

菊池 初回、2回とピンチがあったんですけど、そこをうまく乗り切れたので、その後は気持ちを出して投げられました。僕自身は最近あまり勝てていなかったので、これから9月、10月とチームに貢献できるように頑張ります。

 

 

大久保 笘篠さん、菊池雄星は後半から調子がいいのか悪いのか、ちょっと分からないシーズンですよね。見ていてどうですか?

 

笘篠 やっぱり、見ていてピッチングフォームも以前よりも何か硬くてギクシャクしているような感じがして、自然な流れじゃないように僕は見えちゃうんですよね。

 

大久保 なるほどねぇ。谷繁さんはどう見ます?

 

谷繁 何かもっと前に乗っていたような感じがあるんですけど、最近はちょっと残っているような感じがありますね。

 

大久保 なるほど。だから、球離れも少し早くなるんですね。

 

谷繁 そうですね。

 

アナ 左腕で結果を出し続けるのは難しいことなんですね。

 

大久保 まあ、左ピッチャーの数が少ないんですけども、コントロールがいい選手も簡単に言えば少ないんですよ。

 

アナ うーん。

 

大久保 右ピッチャーでもコントロールが悪い人もいますけどね。

 

【ライオンズの左腕の3年連続2桁勝利】

工藤公康 1986年~1988年

     1991年~1994年

菊池雄星 2016年~2018年

 

以上です。

今年はまあり良くないように見えますね。怪我とかもありましたけど。

おすすめの記事