2018年9月6日vs広島カープ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は才木、広島の先発は岡田で始まる。序盤、両先発共に無難な立ち上がりをします。3回表に阪神は2アウトから糸原が2ベースヒット、北條のタイムリーで1点を先制する。5回表には糸原がヒットで出塁してから福留、糸井、陽川、大山、俊介がヒットを放ち一気に5点を取り6点差とする。この時に糸井はヒットを打った際に足を痛めて途中退場。6回表には福留2ラン、陽川ソロと3点追加し9点差。その後、阪神は3点追加、広島は2点追加して、最終スコア13-3で阪神の勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考にして書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―打ちまくりの打線について

金本 繋がったね。いつもこれぐらい気持ち良く打ってほしいけどね。個人個人の自信がチームに繋がるのでいいことだね。

 

―足を痛めて途中退場の糸井について

金本 キュッときたらしい。大事には至らないんじゃないかな。

 

―先発の才木について

金本 左バッターのインコースに投げ切れれば優に二桁は勝てると思うよ。

 

―2016年以来のマツダスタジアムでの勝ち越し

金本 まず投手陣が頑張ってくれた。もともとここではバッター陣が打つんだけども、ピッチャー陣が同じぐらい打たれてしまっていたので、ちょっとそのあたりを気にしていたんだけども、この3連戦はピッチャー陣が頑張ってくれた。

 

 

以上です。

マツダスタジアムで連勝とは珍しい。

おすすめの記事