2018年10月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦のあとに行われたホーム最終戦の挨拶でオリックスバファローズの監督で辞任が決定している福良淳一監督の最後のスピーチが行われました。その福良監督について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の高木豊、元阪神ダイエーの池田親興が語っています。

 



【福良監督のホーム最終戦でのファンへの挨拶】

福良 1年間、温かいご声援ありがとうございました。私はチームを去りますが、若い選手たちが成長し、新しい戦力も加わり、チームは生まれ変わろうとしています。どうぞこれまで以上の温かいご声援をよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

 

 

大久保 チカさん、福良監督は宮崎出身で同じですよね?

 

池田 僕の一つ下の年ですね。

 

大久保 はい。いつ会っても朗らかですよね。

 

池田 変わらないですよね。昔から、選手のときからですね。コーチをして、ヘッドコーチをして監督にもなったんですけど、いつも同じような感じで話してくるんですよね。

 

大久保 そうですね。

 

池田 偉くなって変わらなかったですね。

 

大久保 今年チカさんに呼んでもらって福岡で解説したときにホークスの相手がオリックスだったんですよ。

 

池田 はい。

 

大久保 オープン戦だったかな。そのときに福良さんが僕を見つけてくれて「いいよ、入ってこい入ってこい」って西村ヘッドコーチと温かく対応して頂きました。

 

池田 もうどうしたらいいんですかってぐらい優しいですよね。

 

大久保 ですよね。

 

池田 その代わり深い考えがあった上で言ってくれているんでしょうけどね。

 

大久保 ですよね。

 

池田 もう本当にお疲れ様でしたですね。

 

大久保 はい。豊さんは福良監督とはどうですか?

 

高木 もう現役の頃から仲が良くて、シーズンを通して打率が上の方が勝ちで負けた方が食事を奢るとか、そういうことをやっていた仲でしたね。

 

大久保 なるほど。

 

高木 「いつ大阪来てくれんだ」って言ってくれてね。

 

大久保 はい。

 

高木 もう食事をセッティングするから来てくれってね。まあ、本当に人のいい男でしたね。

 

 

以上です。

優しい人だったようです。

おすすめの記事