2018年11月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスの第5戦、2回表に広島が狙った2点目を見事なレーザービームで阻止したソフトバンクの上林誠和について元中日の谷沢健一と元日ハムの岩本勉が語っています。

 



【状況】

2回表、広島は會澤のタイムリーヒットで先制する

続くバッターの野間もライト前ヒットを打つが

ライトの上林から見事なバックホーク送球でタッチアウト

 

 

谷沢 ガンちゃん、広島は會澤の先制タイムリーの後に2アウトランナー1-2塁で野間の打席ですよ。その野間がライト前ヒットを打ちました。

 

岩本 もう勢いそのままに打ちましたよね。前の打者の會澤が本当に読みのいいバッティングで先制点を取り、相手チームも気落ちまではいってないと思うんですけど、千賀がしっかりと投げたボールを打ち返しましたね。

 

谷沢 ここでライトから上林のレーザービームというかノーバウンド送球で2塁ランナーの安部がホームインを狙ったけどタッチアップアウトになりました。

 

岩本 野間がいいバッティングをしていきなり複数の得点かなと思ったら、このビッグプレーですよね。

 

谷沢 もう完全にアウトだよね。

 

岩本 コリジョンルールも踏まえて、これ以上ない送球だと思うんですよ。

 

谷沢 うん。まあ、しかしここでカープは2点取れなかったのがこれからの中盤、終盤にどう響いてくるかというプレーだったね。

 

岩本 確かに1点と2点では大きな違いですよね。

 

谷沢 全然違う。特にカープは劣勢に立たされているだけにね。

 

岩本 そうですね。

 

 

以上です。

ソフトバンクは守りも堅いから隙のないチームになっています。

おすすめの記事