2016年12月にBS1で放送された『球辞苑』でオリックスバファローズの吉田正尚が得意ゾーンであるインハイ打ちについて語っています。

 



2016年のインハイ打率トップ5

1位吉田正尚オリックス.429
2位大谷翔平日ハム.393
3位浅村栄人西武.389
4位桑原将志DeNA.375
5位近藤健介日ハム.364

(この年は吉田のルーキーイヤー)

 

―インハイの打ち方について

吉田 インコースは反応で打つと思ってるので。簡単ではないですけど、打てない球ではないと。打ち返せる自信があるので打ちに行ってる。やっぱり打てると思ってから体が反応してると思うので。

 

―どの時点で体がインハイに反応しているのか

吉田 コンマ何秒の世界ですけど、投げたらコースが外ではないと分かりますよね。それでパッと判断して外ではない、ボールが近いところに来てると思ったら反応で打つ。

 

コースを見極める

 

吉田 打てるという感覚があるので、ガッと腰を一気に回し込む。

 

腰を回し込む

 

吉田 それでバットを走らせるという感覚です。

 

―インコース打ちを可能にしている独自のステップ

吉田 自分はどっちかと言うとインステップよりアウトステップ。普通のバッターは3塁側に多かれ少なかれステップすると思うんですけど、自分の場合は少し1塁側にステップしてるので、だからインコースがさばけるのかなと思うんですけど。

 

―高さの見極めについて

吉田 感覚なんですけど、いけると思ったら振りにいく。中途半端には振らないと考えてますね。だから、もしかしたら少しインハイでもボール気味の球も打ってるかもしれないですね。

 

 

以上です。

ボールの見極めでは感覚的に優れてるんでしょうけど、これルーキーイヤーでこの対応力を見せたのでやはりスゴい打者です。

おすすめの記事