2019416日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で4安打1ホームランで勝利に貢献したオリックスバファローズの吉田正尚について元横浜の野村弘樹と元中日の谷沢健一がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



この日の吉田の打撃内容

1打席目 ライトホームラン(打点2)

2打席目 ライト2塁打(打点1)

3打席目 ライト2塁打

4打席目 レフト2塁打

 

吉田のヒーローインタビューの一部

吉田 12番がいつも出塁してくれるので何とか繋いでいこうという気持ちでうまくバットがボールの下に入ったので、スタンドにいってくれるかなと思って見てました。打てない時間が長かったんですけど、いい時と悪い時があるのでいい時が多ければいいと思うので頑張ります。

 

 

谷沢 野村 斎藤の解説

アナ 吉田正尚選手は4安打3打点ということです。

 

野村 日曜日にも2本ホームランを打ってるんで、2日で3本ですか。 

 

アナ 戻ってきた感じですね。

 

野村 谷沢さん、やっと主砲・吉田の状態が上がってきた感じですね。

 

谷沢 配球を読むということも必要だけど、ボールを引き付けてバットにボールを乗せている。ヒーローインタビューでもボールの下っ面って言ってたけど、ボールを乗せるように運ぶように打ってるよね。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 えぇ。だからホームランも増える。ただ、打率からいくとそうは率があまり上がらないよね。

 

野村 そういう打ち方になってるということですか?

 

谷沢 いや、そういう打ち方も必要だけど、常にフォロースイングで後ろの左手を離して右手だけの片手になってるじゃない。

 

野村 はい。

 

谷沢 だから時に追い込まれたときにはコンパクトに押し込んだり、叩いたりね。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 そういう技を見せないと率は上がってこない。率とホームランと打点が揃ってこない。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 もっと高いところを望みたいよね。

 

野村 明雄さんは吉田をどう見ますか?

 

斎藤 今日見ててね、投げてるピッチャーの攻め方があまりにもインサイドがないんですよ。だから、吉田も踏み込んで打ってますよね。

 

野村 はい。

 

斎藤 あれを踏み込ませないようにインサイド攻めにあった時にどうなるかなと。

 

野村 その対応ができるかどうかですね。

 

斎藤 はい。その攻めによって谷沢さんが言ったように打率が上がらないかもしれない。

 

野村 うーん。

 

斎藤 これからインサイド攻めが厳しくなってからですよね。

 

谷沢 やっぱり開いて片手打ちしてるとね。脇が空いて甘くなるからね。

 

斎藤 そうなってくると外が見えなくなってくるからやられるんじゃないかなという気がしますけどね。

 

 

以上です。

これからですけど、谷沢斎藤が言うにはまだまだみたいです。
おすすめの記事