2021年8月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で来日初登板、先発登板したオリックスバファローズのスパークマンのピッチングについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日のスパークマンの投球内容
4回74球 被安打3 奪三振3 四球4 失点2
今季0勝0敗 防御率4.50
来日初登板

 

アナ オリックスが終盤の得点で突き放し日本ハムに勝利。来日初登板、初先発のスパークマン投手はどうだったでしょうか?

 

真中 そうですね。僕が見てる感じだと、ボールは速いんですけど、制球に少し難があるかなという感じに見えましたね。江本さん、このスパークマンはどうですか?

 

江本 まあ、最近の外国人ピッチャーはこういう感じで「エイヤエイヤ」で投げて微妙なコントロールで勝負するピッチャーじゃないから。

 

真中 はいはい。

 

江本 だから、もうちょっと投げる回数が増えれば良くなるんじゃないかな。

 

真中 今後も投げていけば良くなっていくと。

 

江本 そんなに悪くはないもん。

 

真中 はい。豊さんはスパークマンをどう見ましたか?

 

高木 まあ初登板ですから、その辺は割り引かないといけないですけど、雨が降っている悪条件の中での登板ということを考えないといけませんよね。

 

真中 速いボールもありますしね。本人も「コントロールに課題があったかな」と話していましたので、次回登板でどう修正してくるかですね。

 

アナ チームが勝ったというのも大きいですよね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

次回登板でどうなるか。
おすすめの記事