2019年2月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で中日ドラゴンズの加藤匠馬の強肩について中日で監督をしていた谷繁元信と横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



加藤は2019年2月23日のDeNAとのオープン戦で1回に神里、4回に大和の盗塁を強肩で刺しました。通称カトキャノンらしいです。

 

 

アナ 中日と言えば谷繁さん。

 

谷繁 はい(笑)

 

アナ 5年目の加藤選手が。

 

谷繁 笑っちゃダメなんですけどね(笑)

 

アナ 2つの盗塁阻止ということで肩が素晴らしい。

 

谷繁 加藤がこうやって脚光を浴びるとは、少し思ってましたけど、入団した時から肩はもう抜群に良かったんですよね。だからあとは経験であったり、体力であったり、バッティングとか課題があるんですけど、まずは捕ってから投げる速さと、この肩の強さというのは彼の持ち味ですから、どんどんアピールしてほしいですよね。

 

アナ なるほど。大矢さんはどう見てますか?

 

大矢 まあ、覚えることがたくさんある中で本当に夢中でプレーしていると思うんですね。だから見ているとまだまだ荒削りなので監督だったり、ヘッドコーチだったりが使ってみようと思っているうちが頑張り時だよね、谷繁さん。

 

谷繁 そうですね。これはメンバーに十分入れる可能性がありますからね。頑張ってもらいたいですね。

 

アナ アピールして頑張って頂きたいと思いますね。

 

大矢 そうですね。プロなんで自分で何かひとつ「これだ!」っていうアピールポイントがあると強いですからね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

肩は半端なく強いです。カトキャノンという名称はどうなんでしょうか。

おすすめの記事