2019426日にBS1で放送された『ワースポ×MLB』でこの日のvs.シカゴカブス戦で決勝の犠牲フライで勝利に貢献。今季絶好調のロサンゼルスドジャースのベリンジャーについて斎藤隆がフリーアナウンサーの山本萩子と共に解説しています。

 



ベリンジャーの成績(4/26時点)

打率.426 本塁打12 打点31

 

 

アナ 決勝点となる犠牲フライを打ったベリンジャー選手は今シーズン絶好調。この要因はどういったところでしょうか?

 

斎藤 昨年の課題を本当に克服してますね。

 

アナ その課題とはどのようなものだったんでしょうか?

 

斎藤 はい。二つあると思うんですけど、一つ目はアウトコースの見極めが完璧にできているんですね。客年まではアウトコースを無理矢理引っ張ってヒットにするシーンもあったんですが、そこを捨てることによって見極めができた。

 

ベリンジャー 三振割合
2017年26.6
2018年23.9
2019年(4/26時点)12.0
出典:Baseball Savant

 

斎藤 そしてそのアウトコースを見極めることによって二つ目の課題のインコース克服。今までだとインコースの厳しいコースをいい当たりをするとファウル。そして詰まると凡打になっていたんですが、厳しいインコースも完全にヒットゾーンに持っていくことができているんですね。

 

アナ 進化してますね。

 

斎藤 間違いないですね。そしてこれです。

 

去年のゾーン別打率(出典:Baseball Savant)

.125.237.300
.167.464.229
.314.270.333

 

斎藤 昨年まではインコースが打てないゾーンでした。それはアウトコースの打てないゾーンにまで手を出していたからインコースが打てなかった。それを見てください今年のゾーン。

 

今年のゾーン別打率(出典:Baseball Savant)

.250.429.167
.800.464.333
.500.600.500

 

斎藤 今年はほとんどがホットゾーンですね。

 

アナ スゴいですね。

 

斎藤 アウトコースのボール球を振らなくなったことによって彼はインコースにこれだけの数字を残しているという。

 

アナ 対戦する投手はこういったデータを事前に確認するものですよね?

 

斎藤 はい。もちろん確認しますが、ここまでホットゾーンが増えるとピッチャーとしてどうしていいか分からないですね。

 

アナ どこに投げていいか分からないですよね。

 

斎藤 唯一、アウトハイが極端に悪いんですがなかなか投げれません。

 

アナ どうやって抑えますか?

 

斎藤 抑える?() もちろんアウトハイがポイントになるんでしょうが、アウトハイを活かすためにインローのストライクからボールになる球を使っていこうかなと考えはしますが、難しいでしょうねぇ。インコースに8割、5割という数字がありますからね。もうどこに投げても打たれそうですよね。

 

アナ この数字を見ると、まだまだベリンジャー選手の活躍が続きそうですね。

 

 

以上です。

これは抑えるの難しいですね。
おすすめの記事