2019429日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で連敗を10で止めた横浜DeNAベイスターズ。決勝ホームランを放った石川雄洋について元横浜の平松政次と横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



この日の石川の打撃内容

1打席目 空振り三振

2打席目 ライト前ヒット

3打席目 サード内野安打

4打席目 見逃し三振

5打席目 ライトホームラン(打点2)

 

 

石川のヒーローインタビューの一部

石川 あの一本で連敗を止めれたというのは嬉しいです。ちょっと出来過ぎかなと思うんですけど、何とか流れを変えたいと思って、前の選手たちが繋いでくれたんで思い切っていけました。

 

 

平松と大矢の解説

アナ 巨人に勝って連敗を10で止めたDeNA。打つ方ではベテランの石川選手が今日は3安打を含む決勝ホームランを放つなど見事な活躍を見せました。

 

平松 張り切ってましたねぇ。

 

アナ いい表情でしたよね。

 

平松 3本も打ったんですからね。自分はベテランということで、ここでやらなきゃいつやるのかってことでね。大矢さん、そういう意味ではベテランの味を見せたんじゃないですかね。

 

大矢 ベテランの味っていうか、まだやってたのかっていうね。

 

平松 フフ()

 

大矢 それぐらいですよね。

 

平松 そうそう。

 

大矢 本当のラストチャンスだったと思います。

 

平松 もう崖っぷちで、ここでやらなかったらもう終わりだっていうね。

 

大矢 はい。そこで力を出して、もう一回やり直し気がきくようなところまで来たんじゃないかな。でも、石川の働きはベイスターズにとっては大きかったでしょうね。

 

平松 そうですねぇ。これはラミレス監督の見事な采配でメンバーを組みましたけど、これがまた当たってきますと勝ってきますよ。

 

アナ はい。見事な連敗ストップとなりました。

 

 

以上です。

ここで踏ん張って、まずは5割を目指したらやり直せます。
おすすめの記事