2019614日にBS1で放送された『ワースポ×MLB』でこの日のvs.ミネソタツインズ戦で先発し51失点の投球内容だったシアトルマリナーズの菊池雄星について黒木知宏がフリーアナウンサーの山本萩子と共に解説しています。

 



菊池の試合後のコメント

菊池 ここ3試合やられっぱなしで、何が原因かというのをしらみつぶしにコーチやチームメイトと相談してやってきたんですけど、やっとそれがいい方向に行ったのかなと思います。やっと戦えるボールに戻ってきた手応えを感じていますので、この状態をまた次に繋げていきたいと思います。

 

 

黒木の解説

この日の菊池の投球内容
5回92球 被安打6 奪三振4 与四死球2 失点1
今季3勝4敗 防御率4.78(6/14の試合終了時点)

 

アナ 菊池投手、戦える球が戻ってきたという力強い言葉が出てきました。

 

黒木 強力ツインズ打線に対して素晴らしいピッチングをしましたよね。菊池投手らしいピッチングでしたね。

 

アナ はい。3連敗していた前回登板と比べて何が変わったんでしょうか?

 

黒木 復調のカギが2つあって、まず1つが強いフォーシームです。

 

アナ 確かに今日も球速が上がっていましたよね。

 

フォーシーム平均球速
この日   151.1キロ
過去3試合 149.1キロ

 

 

黒木 はい。過去3戦を比べますと球速が2キロほど上がっていました。それでやはり躍動感も出ていましたよね。そして少し甘めですけど、フォーシームを投げてバッターを差し込むという投球になっていましたのでピッチャー優位に立てた投球内容でしたね。強さが出ていましたね。

 

アナ はい。監督やコーチからは「低めに厳しくというよりも、高めにアバウトに」と指示されていたようですね。

 

黒木 まあ難しく考えずに攻めていきましょう、ということを言ってくれたんじゃないかなと、後ろから背中を押してくれたんじゃないかなと思うんですよ。

 

アナ 力のあるボールなんだから素直に投げれば、ということなんでしょうね。

 

黒木 それによって変化球も効いてきますからね。

 

アナ はい。1つ目の復調のカギは強いフォーシームでした。では、もう1つの復調のカギは何だったんでしょうか?

 

黒木 はい。「かわす」でなく「攻める」ですね。

 

アナ 攻めるピッチング。

 

黒木 はい。今日は変化球も投げてはいるんですよね。特にスライダーの球速がかなり上がってますよね。

 

スライダーの平均球速
この日   141.1キロ
過去3試合 135.3キロ

 

黒木 これはどういう事かというと、変化球ってイメージ的に少しバットの芯を外すとか、タイミングをズラすとか、崩す、かわすというイメージを持ちがちですよね。

 

アナ はい。

 

黒木 でも、フォーシームに近い球速のスライダーを投げることによって、変化球でも攻める。フォーシームとより近い球速でスライダーを投げることによってて、バッターをしっかりと抑えていこうとなったと思うんですよね。

 

アナ まさしくその通りで菊池投手も「真っ直ぐに見せて曲げたい」と言っていたんですよね。

 

 

黒木 はい。ですから、この間にカーショウ、パクストン、柳ヒョンジンだったりとかのピッチングを見ると、やっぱりスライダーだったりで強いボールを投げていくじゃないですか。

 

アナ はい。

 

黒木 そういうところがあって球速が上がる。そうすると強いボールを投げるということになっていましたので、まあいい結果が出たんじゃないかなと思うんですよね。

 

アナ そしてこれがツインズ打線に通用しましたもんね。

 

黒木 これが大きな自信になると思うんですよ。

 

アナ はい。

 

黒木 あれだけ強いツインズ打線を抑えて、そのあとのピッチャーは正直酷かったじゃないですか(苦笑)

 

アナ そうなんですよね。

 

黒木 また自信を持って投球できると思いますけどね。

 

アナ リリーフ陣が打たれたのは残念でしたよね。

 

黒木 もう1イニングと考えますけど、スゴくいいタイミングの交代だったと思います。抑えてマウンドを降りましたので、ピッチャー心理からすると、投げきった気持ちがあるんですよね。

 

アナ なるほど。

 

黒木 だから次のイニングでも抑えるかもしれないんですけど、疲労も溜めずにいいイメージを持ったまま次の登板となるので、いいタイミングでの交代だったと思いますね。

 

 

以上です。

復調してます。
おすすめの記事