2019616日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で先発し初回に抜群の立ち上がりを見せた北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大について元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元巨人の斎藤雅樹がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



岩本、斎藤雅樹、苫篠が語る

この日の杉浦の投球内容
3回0/3  61球 被安打6 奪三振3 四球1 失点6
今季2勝2敗 防御率4.43(6/16の試合終了時点)
初回2奪三振で抜群の立ち上がり

 

岩本 今日は立ち上がりがボロボロたったジャイアンツの菅野とは逆にファイターズの杉浦は立ち上がりの球を見たときは、「おい!」っていうぐらいスゴい球を投げていたじゃないですか。

 

斎藤 本当に真っ直ぐもキレてましたし、フォークも落ちてたんですよ。

 

岩本 はい。そして2回からガラっと姿が変わったんですよ。

 

斎藤 僕は21アウト満塁、重信の打席でのワイルドピッチから変わったと思うんですよ。記録はワイルドピッチですけど、キャッチャー鶴岡のミスだと思いますね。フォークが股の間を抜けて行きましたからね。

 

岩本 なるほど。

 

斎藤 そのワイルドピッチからフォークが全く投げれなくなったんですよ。

 

岩本 はい。

 

斎藤 だから、その後に重信に犠牲フライを打たれたのもフォークだったんですけど、甘いフォークだったし。

 

岩本 はい。

 

斎藤 そして続く炭谷の打席では真っ直ぐを打ち返されて。この炭谷にはカウント2ストライク2ボールで普通だったらフォークでいいところを真っ直ぐを投げて打たれてね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 そして坂本に打たれたのも甘いフォークなんですよね。やっぱりあのワイルドピッチでフォークが消えてしまったなという気がするんですよね。

 

岩本 なるほど。もういいイメージが描けなくなったんでしょうかね。

 

斎藤 そうだと思いますね。

 

岩本 苫篠さんはどういう感想を持たれましたか?

 

苫篠 杉浦は首は振っていたんでしょうかね。ベテランのキャッチャーに対して首を振る勇気というのも必要じゃないですか。

 

岩本 そうですね。

 

苫篠 ちょっと鶴岡に頼りすぎたところもありますよね。

 

岩本 もうこれだけ登板を重ねてくると、自分が思う通りに投げてもいいかもしれませんね。

 

苫篠 そうですね。

 

岩本 次回登板を期待しましょう。

 

 

以上です。

ベテランに頼りすぎた。
おすすめの記事