201975日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日vs.埼玉西武ライオンズ戦で全打点をあげた7番・井上晴哉について、そして故障から復帰した6番角中勝也について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



井上について

この日の井上の打撃内容
1打席目 ライトフライ
2打席目 レフトフライ
3打席目 フォアボール(打点1)
4打席目 センター前ヒット(打点2)
シーズン打率.252(7/5の試合終了時点)

 

アナ ロッテが西武に勝利。終盤に強いロッテですけど、アジャこと井上晴哉選手が全得点に絡む活躍でした。

 

高木 そうなんですよ。里崎さん、7番で起用されて意地を見せました。ものすごい集中力を感じましたね。

 

里崎 そうですね。今日はアウトになり方も良かったですし、フォアボールを選んだ打席でもファウルをスゴくいいタイミングで打っていたんで、打てる雰囲気はスゴいありましたよね。

 

高木 はい。

 

里崎 そういったところで井上の打撃が上がってくるとチームも同じように上昇していくと思いますけどね。

 

高木 うんうん。

 

 

角中について

この日の角中の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 センター前ヒット
3打席目 フォアボール
4打席目 フォアボール
シーズン打率.215(7/5の試合終了時点)

 

高木 チームが上がってくると言えば、角中が戻ってきました。角中が6番に入って全打席出塁なんですよ。

 

里崎 はい。

 

高木 この6番という打順がベストなんですか?

 

里崎 多分1,2,3番を変えたくなかったんでしょうね。

 

高木 なるほど。状態がいいからね。

 

里崎 そうですね。変えたくなかったから、そこにしかハマらなかったと思うんで。その結果として、その後に井上へと続くというのが良かったですよね。

 

高木 大矢さん、僕は角中の調子が上がると共に順位が上がると予想していたんですけど、大矢さんは角中が戻ってきた意味はどうでしょうか?

 

大矢 それは相手がイヤでしょうね。しつこいバッターですからね。

 

高木 はい。

 

大矢 もう少し慣れてくれば打順が上がってくると思うんですけどね。今日の映像を見てて心配なのは角中がホームインしたときに片足を引きずっていたんですよね。

 

高木 久々に出て疲れたんじゃないですかね。

 

大矢 それだったらいいんだけど、まだ状態が良くないのかなと心配したんですけどね。

 

 

以上です。

角中が戻ってくると打線に厚みが出ます。
おすすめの記事