2019725日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で先発し4安打完封で9勝目をあげた横浜DeNAベイスターズの今永昇太について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元巨人の斎藤雅樹、中日で監督をしていた谷繁元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



今永のヒーローインタビューの一部

今永 この3連戦、延長もありましたし、中継ぎのピッチャー、またこの3連戦の1戦目の上茶谷、2戦目の濱口が本当に一生懸命に投げていたんで、これは自分もチームのために投げたいと思って、今日は完投するつもりで準備していました。みんなが頑張ってこの立場にあるので、なんとか自分が先頭で引っ張っていけるようにピッチングで示していきたいです。

 

デーブ、斎藤雅樹、谷繁が語る

この日の今永の投球内容
9回124球 被安打4 奪三振4 四球1 失点0
今季9勝5敗 防御率2.57(7/25の試合終了時点)
今季2度目の完封勝利!

 

稲村 DeNAが阪神に勝利し、引き分けを挟んで5連勝。今永投手は412日以来の今シーズン2度目の完封です。

 

大久保 投げっぷりがいいですよね。まずは精神的に強いピッチャーだなと思うんですね。斎藤さん、ピッチャーとして今永の魅力を教えてほしいんですけど。

 

斎藤 真っ直ぐもスゴく力がありますし、変化球も全ていいですよね。

 

大久保 はい。

 

斎藤 それで今永といえば真っ直ぐで押して三振をバタバタ取るタイプだと思っているんですけど、今日は調子が悪かったのかどうかは分かりませんけど、変化球がスゴく多かったんですよね。

 

大久保 なるほど。

 

斎藤 それで三振の数を見ても分かりますけど、今日は4個だけなんですよね。

 

大久保 少ないですよね。

 

斎藤 はい。ここまでセ・リーグのピッチャーでは奪三振数は1位ですからね。そう考えると、今日は打たせて取るピッチングでしたね。

 

大久保 はい。

 

 

斎藤 いつもは力で圧して痛い目に遭うということがあったと思うので、今日はそういう意味では丁寧に投げていましたよね。

 

大久保 なるほどね。上手く切り替えたんでしょうかね?

 

斎藤 だと思いますね。

 

大久保 谷繁さん、今永ってなかなか攻略するのが難しいピッチャーだと思うんですけど。

 

谷繁 そうですね。やっぱり球筋がスゴくキレイなピッチャーなんで、少しキレが落ちたときには打たれる確率が上がるタイプのピッチャーだと思うんですよ。

 

大久保 なるほど。

 

谷繁 だから、元気なときのボールはなかなか打ち返せないんですけど。

 

大久保 うんうん。

 

谷繁 ここ最近はなぜ打たれるかと言うと、やっぱり開幕からの疲れが出ていて、その分だけ少し球のキレがなくなっているので、今日はイメージチェンジしたピッチングで抑えたので、これを引き出しにすればまた勝てるようになると思いますけどね。

 

大久保 なるほど。バッターも考えも変えないといけないですね。

 

谷繁 そうですね。

 

 

以上です。

イメージチェンジが上手くいきました。

おすすめの記事