2020712日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で2打点で大活躍をしたものの、終盤に謎の三盗を試みアウトになった阪神タイガースの大山悠輔について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



シーン

8回裏 阪神が2点リード

大山は貴重な追加点となる2点目の2塁打を放つが、その後に代打で登場した福留の打席で3塁盗塁を試みアウトとなる。

 

 

謎の走塁について語る

岩本 大山なんですけど、貴重なタイムリーを打った後に追加点のチャンスがまだあった中で、三盗を試みて結局失敗したんですよね。

 

江本 大山のタイムリーでの追加点は大きかったんですよね。

 

岩本 はい。

 

江本 大山も2塁に行って、喜んで浮かれてしまってそのまま走ったんじゃないかと。

 

岩本 ハハ() これは果敢に攻めたというよりも、江本さんから見るとおかしいんじゃないかと。

 

江本 これは代打で出てきた福留は怒ってんじゃないかな?()

 

岩本 あぁ。

 

江本 せっかく福留出したのにと。福留は左バッターでしょ、あそこで三盗っていうのはなかなかね。いくらピッチャーのモーションを盗めたからと言っても、あれは走っちゃダメですよね。この時はキャッチャーからの送球が高かったから微妙はタイミングだったけど、普通の高さのボールを投げてたら簡単にアウトだから。

 

岩本 はい。豊さんはこのプレーについてどうですか?

 

高木 江本さん、代打の切り札を出してるんですからね。

 

江本 そうですよね。まあ、よっぽど大山が嬉しかったんでしょうね()

 

岩本 ハハ()

 

高木 でも、サインの見間違いだと思うんですけど、やっぱり疑わないといけないですよね。

 

江本 サインが出たとしても疑問に思わんとアカンよね。

 

高木 そうですよね。

 

江本 そこはキッチリしないとね。今日は試合には勝ったけどね、こういうプレーがあると反省もしないとダメですよ。

 

アナ 今日の大山選手は打つ方でスゴかったですからね。

 

岩本 勝って喜ぶだけじゃなくて、この辺りで試合後にミーティングしておかないと、今後の試合で生かせないですからね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

大活躍だったんで浮かれていたのかも。
おすすめの記事