2019814日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初勝利をあげた千葉ロッテマリーンズの小島和哉のピッチングについて元横浜の斎藤明雄がフリーアナウンサーの師岡正雄と共に語っています。

 



小島のヒーローインタビューの一部

小島 長い時間がかかったんですけど、勝つことができて良かったです。少しフォアボールが多くなってしまって流れが悪くなってしまったので、そこが次の反省点だと思います。

 

 

斎藤明雄が語る

この日の小島の投球内容
6回114球 被安打4 奪三振6 四球1 失点1
プロ初勝利!

 

アナ 日本ハムを相手に61失点で見事プロ初勝利を飾った小島投手ですが、改めていかがでしたか?

 

斎藤 ボール自体は悪くないと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

斎藤 投球フォームには肘肩の柔らかさがあって、腕も振れるピッチャーだと思うんですよね。ただ、本人も言ってるんですけど、フォアボールが多い。

 

アナ はい。

 

斎藤 そして投球間隔の間合いが少し長いんですよね。

 

アナ そうですか。

 

斎藤 もう少しバッターに考えさせないようにテンポを考える。早くサインを見て投げる。それと点差があるのに2アウトから無駄なけん制をして、投球のリズムを自分で狂わせてるような感じもあるので、その辺をもう少し考えればフォアボール4つというのがなくなるんじゃないかなという気がしますね。

 

アナ なるほど。まだまだ課題を残していますが、何はともあれ小島投手、プロ初勝利おめでとうございます。

 

斎藤 おめでとうございます。

 

 

以上です。

課題は色々あります。
おすすめの記事