2019823日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs阪神タイガース戦でNPB新記録となる33連続盗塁成功した東京ヤクルトスワローズの山田哲人について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



NPBの連続盗塁成功記録
1位 山田哲人 33連続成功 (2018~継続中)
2位 福田秀平 32連続成功 (2011~2015)

 

高木 里崎さん、山田哲人が33連続盗塁成功でNPB新記録ですよ。

 

里崎 いや、足が速いですよ。今日もスタートは悪くはなかったんですけど、そんなに良くもなかったんですよ。

 

高木 そうですね。

 

里崎 はい。でも、加速と最後のスライディングの伸びは本当に素晴らしいですね。

 

高木 ただ、ここまで28個走って100%の盗塁成功しているんですよ。

 

里崎 はい。

 

高木 だからキャッチャーも力みだしてるのかなって。やっぱりキャッチャーも意識するでしょ?

 

里崎 まあ意識はするでしょうけど、やっぱりクイック勝負ですね。ピッチャーにはしっかりとクイックをしてもらって。

 

高木 うん。そうしたら刺せるぞと。

 

里崎 それならランナーも走ってこないんで。

 

高木 なるほど。

 

里崎 ロッテでバッテリーを組んでいた久保ね。阪神横浜にもいましたけど。

 

高木 あぁ、だってあれはクイック1秒切るんだもん。

 

里崎 そうですね。だから防ぐ手はありますよね。

 

高木 確かにあるにはあるんですよね。

 

アナ はい。山田選手も「今日はスタートが完璧に近かった。走塁で流れを変えることができるので続けていきたい」とコメントしています。

 

高木 なるほど。まあプロ野球記録を作りましたからね。おめでとうございます。

 

アナ そしてヤクルトの大引選手はプロ13年目で1000本安打も達成しています。

 

高木 おめでとうございます。

 

 

以上です。

どれぐらい記録を伸ばすんでしょうか。
おすすめの記事