2019825日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs読売ジャイアンツ戦で先発した横浜DeNAベイスターズの今永昇太とキャッチャーの戸柱恭孝のバッテリーについて中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。

 



アナ 谷繁目線ということで、今日は今永―戸柱バッテリーについて。

 

谷繁 はい。面白いリードを見せてもらったなっていうね。

 

アナ まずは2回裏1アウト2塁のゲレーロの打席ですね。

 

谷繁 まずアウトコースのストレートで入ります。2球もアウトコースのストレート。ここでカウント1-1になります。そして3球目にインハイにストレートを投げて空振り。ここで大体落ち球を予想していたんですけど、4球目もアウトコースのストレートで見逃し三振を取った。

 

アナ はい。

 

谷繁 このゲレーロの打席では全球ストレートで三振を取ったんですよね。

 

アナ これは裏をかいたということですか?

 

谷繁 ほぼ裏をかいてますね。

 

アナ ほー。

 

谷繁 そして4回裏の2アウト1-2塁でのゲレーロの2打席目です。1打席目は全部ストレートでいってますので、入り球を変化球で入ってボール。

 

アナ はい。

 

谷繁 2球目3球目は低めの変化球で空振り。ゲレーロもやっぱりストレートを意識してますから、ストレートのタイミングで振ってるんですよね。

 

アナ 4球目も変化球でファウル。

 

谷繁 全球変化球なんですよね。それでバッテリーがさすがに変化球をマークしてきたなというところで5球目にインハイのストレートで見せ球をして、次にまた変化球が来るかもというところでアウトコースのストレートで勝負にいって空振り三振。

 

アナ はい。

 

谷繁 これはゲレーロをよく観察し、よくリードしたなと。戸柱がこういうリードができるようになると面白いなと思ったんですよね。

 

アナ なるほどね。完全にゲレーロを翻弄しましたね。

 

谷繁 はい。

 

アナ しかも勝負所でこのリードですよ。

 

谷繁 そうなんですよ。だから、谷繁的には好きな配球を見せて頂いたなと。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

厳しい谷繁が褒めています。
おすすめの記事