20191011日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のクライマックスシリーズファイナルステージのvs.埼玉西武ライオンズとの第3戦で先発し82安打無失点と圧巻の投球を見せた福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大について元横浜の高木豊、元中日巨人の井端弘和、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの山田幸美と語っています。

 



この日の千賀の投球内容
8回126球 被安打2 奪三振10 四球3 失点0

 

アナ ソフトバンクが西武に勝利し日本シリーズに王手をかけました。

 

高木 田尾さん、千賀が素晴らしかったですね。

 

田尾 そうですね。でもね、初回のピッチングを見たら良くないと思ったんですよ。先頭の秋山にヒットを打たれて、フォークを投げたんですけどそう見えないぐらい腕の振りも強くなかったので、これは危ないぞと思ったんですが、でも2回以降は圧巻の投球でしたね。

 

高木 そうですね。ただ心配してたいたのが、シーズンの後半からCSファーストステージまでそんなに千賀らしいピッチングが出来てなかったじゃないですか。

 

田尾 この前のCS楽天戦で4被弾を食らっていたんですよね。

 

高木 そうなんですよ。

 

田尾 だから本人も立ち上がりには少し不安があったと思うんですよね。

 

高木 なるほど。

 

田尾 そんな中で西武に初回にチャンスがあったんで、ここで点を取るか取らないかというのが終わってみるとゲームの勝ち負けに影響したのかなという気がしますね。

 

高木 はい。井端さん、明日(1012)は台風で中止と決まっていたとしても、千賀が8回まで投げたことによってあとのピッチャーを休ませることができましたよね。ファーストステージからソフトバンクは戦っていたので。

 

井端 そうですね。それは西武にとっても一度切り替える意味でもいい休みになるんじゃないですかね。

 

高木 なるほど。まあ千賀が8回まで投げたのは大きいですよね。

 

井端 そうですね。ここまでけっこう酷使してきたピッチャーもいましたんでね。

 

高木 そうですね。

 

井端 明日はゆっくりと肩を休められますし、明後日にもいい気持ちでいけますよね。しかも勝ってますからね。でも、僕は(2012年のCS)3連勝してそこから3連敗したことがあるんで()

 

高木 はい()

 

井端 だからここから勝負ですね。

 

アナ 油断はできないということですね。

 

高木 西武はシーズンを優勝してますからね。

 

 

以上です。

8回まで投げ切ったのは大きいです。

おすすめの記事