2020731vs.横浜DeNAベイスターズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 青柳―馬場―ガンケル―スアレス―藤川

DeNA 上茶谷―国吉―石田―山崎―三嶋

 

試合は雨で50分開始が遅れる。試合は序盤は先発ピッチャーが好調で投手戦。試合が動いたのは4回裏、2アウトから大山が打ったライト後方のフライをオースティンがグラブに当てるもこぼしてしまい2塁打、ボーア四球、ここで梅野が3ランで阪神が3点先制する。青柳は6回表に1失点、更に7回表にも捕まり2失点で同点。試合はここから両チームともにチャンスをものにできずに延長に突入した末に引き分け。

 

矢野監督の試合後のコメント

―打線について

矢野 やっぱりもうちょっと点を取りたいよね。それが一番かな。

 

―先発の青柳とその後を投げた馬場について

矢野 青柳は完投ペースで来てたと思うんだけど、梶谷とタイミングが合ってる感じだったので馬場でいった。ただ結果に関しては勝負にいってるんでね。同点でよく粘ってくれた。

 

―サンズの大ファインプレーについて

矢野 あれは何打点にも値する。前進守備であのプレーは無茶苦茶難しいんだ。これを明日以降に繋げないといけないし、明日明後日にまたしっかりと繋げていきたい。

 

8回裏登板のガンケルについて

矢野 今はああいう場面で投げる人とかをしっかりと決められない。ガンケルはフォアボールで崩れるタイプでもないし、外国人枠もあるから今は色んな事を考えながらやり繰りしていくよ。

 

 

以上です。

サンズは守備でチームを救った。
おすすめの記事