2020年10月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦で全打席で出塁し、勝利に貢献した広島カープの宇草孔基の走塁面での課題について元日ハム阪神の片岡篤史、広島で監督をしていた達川光男、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



宇草のヒーローインタビューの一部

宇草 センターフライを落としてしまって、先発の遠藤に迷惑をかけてしまったので悔しかったです。出塁できたことは良かったんですけど、走塁ミスだったりがあってまだまだなので、課題だらけです。チームの勝ちに貢献できるように、これからも出来ることを全力でやっていきますので、応援よろしくお願いします。

 

 

宇草を語る

この日の宇草の打撃内容
1打席目 ショート内野安打
2打席目 フォアボール
3打席目 レフト前ヒット
4打席目 フォアボール
全打席出塁も走塁面に課題アリ

 

アナ 広島が阪神に快勝。達川さん、この試合で気になったところはどこでしょうか?

 

達川 宇草が言った通りですね。守備と走塁ですよね。

 

真中 はい。

 

達川 走塁面ですよね。カープ1点ビハインドの3回裏1アウト2塁で、そのランナーが宇草です。バッターは鈴木誠也で、ショートがちょっと三遊間に寄ってるんですが、レフト前ヒットを放ちます。この当たりでホームに帰れるようにならないといけないですよね。

 

真中 うーん。

 

達川 1アウトで、この判断はなかなか難しいですよ。

 

真中 はい。これは2塁ランナーで一番難しい判断になりますよね。

 

達川 はい。ただ、ちょっと遅れてでも宇草の足なら、レフトがサンズなんで帰らなきゃいけない。それでこの回は結局点が入らなかったんですよ。

 

真中 はい。

 

達川 広島の野球では『走塁力』というものがありまして、足の速いランナーならあの当たりで帰らなきゃレギュラーにはなれないという言い伝えがあるんですよね。

 

真中 なるほど。片岡さん、この場面で1本で帰るというのはなかなか難しい判断になると思うんですが、その辺の宇草の判断力についてはどうですか?

 

片岡 もちろん1軍で活躍するには、レギュラーになるには、そういう選手になってほしいという願いがあると思いますよね。だからこれからのための経験ですよね。

 

真中 そうですよね。

 

片岡 やはり大事にいかなきゃいけないという気持ちがまだ強すぎると思うんでね。ドンドンそんな選手になってほしいですね。

 

真中 これは仮にショートが捕って、サードに投げられるとヒットも消してしまったりと判断的には非常に難しいじゃないですか。

 

片岡 ですからショートのポジショニングですよね。それを事前に確認してたか、というのが一番大事だと思いますね。

 

真中 その辺を突き詰めてプレーしてほしいですよね。

 

 

以上です。

走塁面でまだまだ覚えることがありそうです。
おすすめの記事