2021年3月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』でオープン戦序盤、中日ドラゴンズの3年目・根尾昴について元中日の谷沢健一と元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生と共に語っています。

 



根尾昴
キャンプから実戦で左腕に14打数7安打(3/8時点)

 

アナ 谷沢さん、3/7のオープン戦で楽天のドラフト1位左腕の早川投手からタイムリーを打った根尾選手についてはどんな期待をされていますか?

 

谷沢 キャンプからショートで京田と共に鍛えられていましたけど、まだ守備力からいくと京田の方が上回っているしバッティングもそうですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 それでオープン戦からは外野のポジションに行ってね。まあどこでも守れると思うんだけど、左ピッチャーから粘っこくヒットも打ってるしね。

 

アナ はい。

 

谷沢 やはりいい投手からヒットを打つことによって随分とバッティングの形も1軍に通用するような心の余裕も出てくると思いますよね。今はガムシャラにやってますよね。

 

アナ 今はまずガムシャラにやっていると。

 

谷沢 はい。

 

アナ 野村さんは根尾選手についてはいかがですか?

 

野村 私の同級生の立浪さんが臨時コーチで指導して、付きっきりで見てたんですよね。

 

アナ はい。

 

野村 それで早川投手との対戦ではストレートをファウルファウルで粘って、最後に逆方向にレフトの前に打てたというところですよね。昨年まではこういうのがなかったと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

野村 そういう面で粘りというところで着実に成長していると感じましたね。

 

アナ ほぉー。

 

野村 はい。今後もいいピッチャーと対戦して場数を踏んでいけば、間違いなくいい選手であることは間違いないんでね。更にちょっと楽しみが出てきましたね。

 

アナ 立浪さんの指導も身になってそうですね。

 

野村 なってほしいですね。

 

 

以上です。

着実に成長してますね。
おすすめの記事