2021年3月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』で開幕投手で投げましたが内容がイマイチだった読売ジャイアンツの菅野智之について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の野村弘樹、中日で監督をしていた谷繫元信が語っています。

 



この日の菅野の投球内容
6回101球 被安打8 奪三振4 四球3 失点3

 

野村 江本さん、今日の菅野の投球内容はいかがでした?

 

江本 今日は立ち上がりが絶好調で「これは今年も凄いぞ」と思った矢先に2回にやられましたよね。

 

野村 はい。

 

江本 やっぱり微妙に精神的にね。初回のノーアウト満塁で大城と松原が三振してしまってね。そこで菅野の中に「もうちょっと点取れたのにな・・・」っていう気持ちが次の回のピッチングに出てしまったんじゃないかなっていうね。

 

野村 なるほど。

 

江本 そういうのってピッチャーにはあるよね。ゲームの途中で3点取ってくれた方がスムーズに行けるとかね。

 

野村 はいはい。

 

江本 初回に得点してくれたあとの満塁のチャンスで凡退したところで気持ちがね。

 

野村 そうですよね。とはいえ菅野じゃないですか。

 

江本 うん。

 

野村 そこは菅野が崩れてしまったのか、DeNA打線がよく打ったのか、どういう風に見ますか?

 

江本 それは菅野が崩れたんだと思いますよ。

 

野村 なるほど。

 

江本 はい。今日の菅野の投球を見ているとボール1個分外れてたりするんですよ。そこでアンパイアが微妙に「ん!?」となる状況が多かったですよね。

 

野村 うーん。

 

江本 だから開幕ということもあって、自分のピッチングにならなかったんじゃないですかね。

 

野村 なるほど。谷繁さんはどう見ますか?

 

谷繁 はい。今年の菅野はプレートの立つ位置を1塁側に変えたじゃないですか。

 

野村 そうですね。

 

谷繁 それがキャンプからオープン戦を経て、まだ日が経ってないというのが僕は多少影響があるんじゃないかと思いますね。

 

野村 確かにロケーションで微調整も必要ですしね。

 

谷繁 はい。だから今までは調整で、開幕で目一杯いった時に狂いが生じるんじゃないかなと。

 

野村 なるほど。

 

 

ここから6打点をあげた田中俊太の話題

 

野村 江本さん、巨人からDeNAに人的補償で移籍した田中俊太が大暴れの3安打6打点でした。

 

江本 原監督が「こいつだけには打たれたくない!」っていうね。

 

野村 (笑)

 

江本 もう巨人サイドのみんなが心の中で願ってたんじゃないですか。それが6打点で危うく田中にやられるところだったもんね。

 

野村 そうですね。

 

江本 これは出した方の監督としては嫌がる展開だったでしょう。

 

野村 ですよね。

 

江本 田中はそういうものをはね返して素晴らしい活躍をしましたよ。このバッティングを巨人でしてれば出されなかったんだけどね。

 

野村・谷繁 ハハハ(爆笑)

 

野村 そうですね。まあ、DeNAで暴れそうですよね。

 

 

以上です。

菅野は初回の攻撃にガッカリしたんでしょうね。
おすすめの記事