2019712日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で首位を快走する巨人を止めるチームを高木豊、井端弘和、真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この話をする前段で巨人の強さについて色々と語り合ったところでこのテーマについて話しています。話が出てくるのはDeNAと広島と中日になります。

 

アナ 打倒巨人ということで、皆さんに楽しみなチームを選んでいただています。まずは真中さんからお願いします。

 

真中の楽しみなチームはDeNA

真中 僕はDeNAです。

 

高木 ここは譲れないよね。優勝予想してたもんね。

 

真中 はい。まあ後半戦に入る前にある程度、投手と打線が上がってきていますので、ジャイアンツを追い掛けるのは現状ではDeNAかと思いますね。

 

高木 なるほど。ジャイアンツを止めるとしたら、どこがポイントになってきます?

 

真中 先発なんですよね。今だと今永8勝と上茶谷5勝の二人がいるんですけど、そのあとの36番手がそこそこ出てきていますから。

 

DeNAの主な先発陣(7/12時点)
今永 8勝 防2.66 井納 3勝 防3.99
上茶 5勝 防3.46 東  3勝 防4.74
大貫 4勝 防4.70 平良 1勝 防1.98
濱口 3勝 防2.50 飯塚 0勝 防9.95

 

真中 そして後半戦は石田も先発に回るような布陣を組みそうですし、抑えも山崎康晃がいるのと、エスコバーは今はちょっと休養で休んでますけど、そのエスコバーが戻ってきて、そしてパットンもいる。

 

高木 はい。

 

真中 投手力も安定してきて、打線もいいと思いますので、ジャイアンツに対抗する一番手はDeNAかなと分析しますけどね。

 

高木 なるほどね。うーん。あんまり説得力はなかったんですけど。

 

真中 なかったですか?()

 

高木 うーん。型通りの事だなと思って。

 

真中 ちゃんと考えて喋ったんですからやめてくださいよ()

 

高木 まあジャイアンツが強いから()

 

真中 あえて探すとすればDeNAかなと思いますんで。

 

高木 分かりました。

 

 

井端の楽しみなチームは広島

高木 さあ、そして井端さんはどこがジャイアンツを止めると思いますか?

 

井端 広島です。

 

高木 広島は連敗中ですが。

 

井端 まあ5月に204敗したっていうのは力があると思いますので。

 

高木 もちろんそうですね。

 

井端 これがまたオールスター明けにくればチャンスがあるかなと思いますんでね。

 

高木 ポイントになるところはどこですか?

 

井端 やっぱり鈴木誠也のあとを打つ5番松山選手、6番の會澤選手がやっぱり打ってこないとなかなか。

 

4番鈴木 率.310 本19 点52
5番松山 率.190 本2  点14
6番會澤 率.271 本8  点34
(7/12時点)

 

高木 でもそこらへんのメンバーを固定できずに非常に苦しんでますよね。

 

井端 まあオールスター前ぐらいから松山選手をずっと5番を打っていたので、緒方監督もこのへんをなんとかとしようと思ってるんで5番に置いていると思うんですけど。

 

高木 バティスタが3番に入ったときは鈴木誠也も相乗効果で二人が打ちまくって、そこでバティスタがダメになると、また打線にバラバラ感が出てくるんですよね。

 

井端 そうですね。西川選手を3番にしたりですよね。5月は5番を打ってたと思いますんで、その時に20試合以上の連続ヒットとか。その時期はみんなが好調だったと思うんで。

 

高木 うーん。

 

井端 またそのへんでみんなが好調になってくれば力はあると思いますし。

 

高木 好調になってきますか?

 

井端 なってほしいな、という願望ですけど。

 

高木 なるほど。

 

井端 やっぱり交流戦明けからまだジャイアンツと戦ってないので、やっぱりカープが5月に好調になったのは熊本で丸選手にホームランを打たれてから、次の回に逆転して、そこから勢いに乗ったと思うので。

 

高木 そうでしたね。

 

井端 まずジャイアンツと戦って、そこで勝ったらまた好調になってくるんじゃないかと。

 

高木 勢いがつくと。

 

アナ オールスター明けの2カード目にジャイアンツと当たります。

 

 

 

高木豊の楽しみなチームは中日

高木 お二人はそれぞれ優勝予想したチームをあげているんですよね。僕は優勝予想を巨人にしているので、期待するチームに中日にしたいと思います。

 

真中 はい。

 

高木 戦い方って全然悪くないと思うんです。バランスのいい戦い方もしてるし、課題だったリリーフ陣も克服してますからね。そして失策数も少ないし。だから何で悪いのかなって思うんですよ。

 

真中 うーん。

 

高木 それで与田監督が「お前」って言うなっていう騒動で起爆剤を作ったと思うんですよ。サウスポーの応援歌で「お前」をやめてくれと自粛しているんですけど。

 

真中 はい。

 

高木 ただ、これを球団と共に再びやってくれと、応援してくれとなってくると、僕は球場全体が一気に燃え上がるような気がするんですよ。それに乗って選手も勢いがつくかなっていう。だから、起爆剤を作って、いい効果を生めるような状況にあるんですよね。

 

真中 なるほど。

 

高木 やっぱりファンの声援って大切じゃないですか。

 

真中 そうですね。でも、これはファンの人たちとうまく話し合って解決した方がいいですよね。

 

高木 僕はサウスポーが大好きなんで。あれいいなとずっと思っていたんで。井端さん、中日といえばサウスポーというような応援歌ですよね?

 

井端 そうですね。ここ最近ではずっとチャンスになるとそんなイメージがありましたね。

 

高木 ですよね。

 

井端 はい。

 

高木 だから、ああいうので球場全体で盛り上がっていけばチームにいい流れが絶対に来ると思うんですよ。だから期待しています。

 

 

打倒巨人に向けて

アナ ということで後半戦にジャイアンツを止めるチームが出てくるのか楽しみですね。

 

真中 ローテーションもジャイアンツに向けて色々と組み替えてくる可能性もありますんで。少しでも嫌がることをしなくちゃいけないですね。

 

高木 そうなんですけど、やっぱり23位を確実に狙いにいくチームが出てくると、もう巨人の楽勝になるでしょうね。

 

真中 そうですね。でも、まずは8月の末ぐらいまではジャイアンツを意識したローテーションをやってほしいですね。

 

高木 そうですね。

 

真中 9月のマジックが出ているときはしょうがないですけどね。

 

高木 まずは1位を目指してほしいですよね。

 

 

以上です。

戦力が整っているのはDeNAに見えます。高木豊のお話が一番説得力なかった。
おすすめの記事