2021年3月28日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦でプロ初打点、初猛打賞を放った横浜DeNAベイスターズのドラフト2位ルーキーの牧秀悟を元巨人の松本匡史、元日ハムの岩本勉、広島で監督をしていた達川光男がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



アナ 巨人に終盤追い付かれDeNAは三浦新監督の初勝利とはなりませんでしたが、牧選手がプロ初打点に初の猛打賞で存在感を見せました。

 

この日の牧の打撃内容
1打席目 レフト2塁打(打点1)
2打席目 ショートゴロ
3打席目 レフト前ヒット
4打席目 レフト前ヒット
シーズン打率.333(12-4) 本0 点1
プロ初打点&初猛打賞!

 

岩本 そうですね。松本さん、ルーキーですよ。

 

松本 そうですよね。まず軸がしっかりしてます。ですから変化球にも付いていけますよね。

 

岩本 はい。

 

松本 今日も変化球を打ち返してヒットが出てますからね。やっぱり体が開かないのでしっかりと打てますよね。

 

岩本 けっこう物怖じもせずいいハートを持っているという情報なんですけども、それがプレーぶりに出てますよね。

 

松本 そうですね。スイングが速いですよ。そこでやっぱり自分なりのスイングができてタイミングも取れてますからね。これから先も非常に楽しみです。

 

岩本 達川さんはどんな感想をお持ちですか?

 

達川 松本さんが言われたように、バッターに一番大切なのはタイミングが取れる事ですよね。あとは芯があるということ。その2つを兼ね備えてますね。

 

岩本 はい。

 

達川 物凄くゆったりとしていてスイングが速い。

 

岩本 なるほど。外国人選手がまだ合流していない中でこういう和製の選手が活躍するのは今後も期待ですよね。

 

 

以上です。

大学ジャパンの4番ですからこれぐらいはやれる。
おすすめの記事