2021年6月22日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初となる4番に入りマルチヒットをマークした広島カープの高卒3年目の林晃汰について楽天で監督をしていたデーブ大久保と広島で監督をしていた達川光男がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の林の打撃内容
1打席目 サードフライ
2打席目 空振り三振
3打席目 センター前ヒット
4打席目 レフト前ヒット
5打席目 空振り三振
シーズン打率.407(6/22の試合終了時点)
プロ3年目で初の4番でマルチヒット!

 

アナ 広島はヤクルトに敗れました。11安打を放ちながらも1得点に終わるという結果でした。

 

大久保 そうですね。達川さん、でもこれ4番に入った林が2安打です。ちょっと林の情報を達川さんからお聞きしたいんですが。

 

達川 あのね、この林というバッターは松山と同じぐらいの力があると思ってください。

 

大久保 ほぉー。

 

達川 スイングは松山に倣ってるんですよ。

 

大久保 なるほど。

 

達川 それでグリップを肩より下げて、そこからワンピースでポンっと出るようになって、長打力もあるんですよ。

 

大久保 はい。人間性はどうですか?

 

達川 それば抜群ですよ。智弁和歌山の高嶋監督から厳しくやられて。

 

大久保 はい。

 

達川 「努力は一生、栄光は一瞬」と。

 

大久保 なるほど。

 

達川 そして与えた恩は水に掛けろ、受けた恩は岩に刻めと。(※聞き取りにくかったので間違ってるかも)

 

大久保 いい言葉をいただきました。

 

アナ はい(笑)

 

達川 非常に明るくて好青年ですよ。

 

アナ 人柄もいいという事ですね。

 

大久保 そうですね。

 

 

以上です。

新しい強打者が出てきそうです。
おすすめの記事