2018年5月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs西武戦で怪我から復帰して即4番に座り犠牲フライも打った千葉ロッテマリーンズの角中勝也について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の立浪和義、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田美幸と共に語っています。

 



アナ ロッテの角中選手ですが復帰戦はノーヒットながらも犠牲フライを打ってキッチリ一つ仕事をしましたね。

 

大久保 そうですね。1点取ってね。まずは主軸の人が帰って来たっていうのは大きいですよね、豊さん。

 

高木 それは大きいですよ。まあ、監督とすれば4番を任せる選手だったわけでしょ。その人が帰ってきたのが大きいのと。

 

大久保 はい。

 

高木 藤岡、菅野と同じような左バッターを使っているじゃないすか。

 

大久保 はい。

 

高木 まあ、角中の打つことだけの執念、これは勉強になると思いますよ。

 

大久保 そうですよね。立浪さん、角中についてはどうですか?

 

立浪 一番チームでヒットを打てる選手ですし。

 

大久保 はい。

 

立浪 今、豊さんが言ったようにスゴく参考になるバッターだと思うんですよね。

 

大久保 立浪さんから見て角中のバッティングはノーステップでずっとやっていますけど、どう見てます?

 

立浪 やっぱりチャンスで打てるバッターですよね。ボールを長く呼び込んで。とにかく空振りしないですよね。

 

大久保 しないですね。

 

立浪 これは参考になる左バッターがルーキーでたくさんいますよね。

 

大久保 そうですよね。豊さんはノーステップはどうなんですか?今は大谷がメジャーに行ってノーステップでやっていますけど。

 

高木 ノーステップは中南米の選手で多いですよね。

 

大久保 あー。

 

高木 ヒールアップとヒールダウンでタイミングを取るのが主流なんですけど。まあ、パワーをあまり伝えないようなタイミングだけで打つ感じだったらいいんじゃないですか。

 

大久保 なるほど。

 

高木 まあ、大谷はパワーがあるから、それでもホームランになっちゃうけど。

 

大久保 そうですよね。

 

 

以上です。

ロッテは足は使えていましたけど攻撃力がやや劣るチーム状況で角中の復帰は大きいですよね。角中のノーステップ打法はコンタクト優先でやっていますけどそこそこ飛ばすしで完全に自分のものにしてる打ち方ですよね。

おすすめの記事