2021年6月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦で6回1失点でプロ2勝目を飾った横浜DeNAベイスターズの阪口皓亮のピッチングについて元中日の井端弘和がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



この日の阪口の投球内容
6回80球 被安打4 奪三振4 四球1 失点1
今季2勝1敗 防御率3.67(6/26の試合終了時点)
中学の先輩山本とバッテリーでプロ2勝目!

 

アナ 桑原の2ランでDeNAが阪神に勝利。井端さん、先発の阪口はいいピッチングでした。

 

井端 そうですね。変化球でもストライクを取れましたし、左バッターにはインサイド、アウトサイドと投げ分けが出来たんですよね。

 

アナ はい。

 

井端 ただ、少し課題を言わせてもらうと、右バッターのインサイドが逆球になったり真ん中に入ったりで打たれる場面があったので、それをキッチリ投げ切れるようになれば間違いなく勝てるピッチャーだと思いますね。

 

アナ なるほど。阪口は右肘の炎症からの復帰登板で、以前に佐藤輝明に一発を浴びたというのがあって、「やり返す」と試合前にコメントしてましたね。

 

井端 まず佐藤選手に対してはほぼインサイドを攻めて、たまにアウトコースを見せますけど、またインサイドと。

 

アナ えぇ。

 

井端 そこをキッチリと投げられたんで、やっぱり詰まらせる事ができたんだと思いますね。

 

アナ あとマスクを被ったのが山本佑大と、同じ大阪の中学の1年先輩で、先輩後輩バッテリーでした。

 

井端 珍しいですよね。まあ、オリックスの山本投手と頓宮選手もいるんですけど、それだけ近くに住んでいてバッテリーを組めるのは羨ましいですね。

 

アナ 今日は家族の方も観戦していたようです。

 

 

以上です。

今後が楽しみなピッチャーです。
おすすめの記事