2021年7月2日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で打猛打賞に盗塁を決めて大暴れの活躍を見せた東京ヤクルトスワローズの塩見泰隆について元横浜の野村弘樹、元ヤクルト広島の笘篠賢治、中日で監督をしていた谷繁元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の塩見の打撃内容
1打席目 センター2塁打
2打席目 レフト前ヒット
3打席目 レフト前ヒット(打点1)
4打席目 四球
5打席目 サードゴロ
打率.292 本塁打8 打点28
リーグトップの盗塁17

 

野村 谷繁さん、ヤクルトの塩見が非常に状態がいいですよね。

 

谷繁 いいですね。

 

野村 今日も3安打です。

 

谷繁 もともとポテンシャルのある選手で、一昨年も去年も「来たな!」って思ったらすぐに怪我するんですよ。

 

野村 うんうん。

 

谷繁 もともとレギュラーを獲る力を持ってる選手ですから、僕はこれぐらいやれる選手だと思ってます。

 

野村 笘篠さん、そしてこの塩見はリーグトップの盗塁17個目をマークして、足も見せてますよね。

 

セ・リーグ盗塁ランキング(7/2時点)
1位 塩見(ヤク) 17
2位 近本(阪神) 16
3位 中野(阪神) 14
4位 梶谷(巨人) 11
5位 大島(中日) 10

 

笘篠 去年から塩見は1番定着候補として期待されているんですけど、怪我で途中離脱したりで勿体ないシーズンを過ごしてましたから、切り込み隊長の塩見が今後シーズン終わるまでしっかりと定着してくるとなると、相手はよりイヤな打線だと感じるでしょうね。

 

稲村 怪我なくシーズンを乗り切ってほしいですね。

 

 

以上です。

ようやく定着しました。
おすすめの記事