2021年8月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で十代最後となる登板で11勝目を飾ったオリックスバファローズの宮城大弥のピッチングについて元巨人の斎藤雅樹と中日で監督をしていた谷繫元信がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



宮城のヒーローインタビューの一部

―今日の投球について

宮城 先制点をやらないっていう気持ちで投げて、それが実行できたので安心しました。

 

―山本由伸について

宮城 投手としてお手本になる人と思っているので、そこに一歩でも近付けるように頑張っていきたいと思っています。

 

 

宮城を語る

この日の宮城の投球内容
7回102球 被安打5 奪三振2 四球1 失点0
今季11勝1敗 防御率2.01(8/21の試合終了時点)
宮城だけで脅威の貯金10

 

アナ オリックスが西武に連勝。何と言っても宮城が11勝目ですよ、雅樹さん。

 

斎藤 素晴らしいですよね。それだけ安定しているという事なんでしょうけど、右バッターのインサイドへの真っ直ぐが効いてますよね。素晴らしい。

 

アナ いつもは右打者には1塁側、左打者には3塁側のプレートを踏んで投げていたんですが、今日は2回から1塁側に常に投げるように変えたんだと。それで落ち着けたと。

 

斎藤 うんうん。

 

アナ こういう試合中に考えて上手く対応しているんですね。

 

斎藤 考えてやっているんですね。スゴいですね。

 

アナ 今後は何勝ぐらいするんでしょ?

 

斎藤 今が11勝ですから、もちろん15勝以上はしないといけませんよね。そうしないと優勝できないですよね。

 

 

ここからキャッチャーについて

 

今季のオリックスのスタメンマスク
伏見46試合 頓宮25試合 若月22試合
宮城、山本、山崎福の先発時は主に伏見がマスクを被る

 

アナ そして谷繁さんにお聞きしたんですが、今日のマスクは伏見だったんですけど、その伏見のリードはどうでした?

 

谷繁 いいところを引き出しながら、そして相手を見ながら、上手くリードしてましたよね。

 

アナ ムードメイキングも出来る選手ですからね。

 

谷繁 はい。あとは気が早いんですけど、伏見が山本と宮城の時にスタメンマスクなんですよね。だからどっちで最優秀バッテリー賞を獲るのかなって(笑)

 

アナ あぁ、そこ?(笑)

 

谷繁 どっちで最優秀になるのか、どっちかなんですよね。伏見はいいんですよね。山本と宮城のどちらでも選ばれるから(笑)

 

アナ 伏見のスゴさはオリンピックのブレイク期間の1ヵ月で何をしていたのかを聞かれたら、前半戦受けた12723球の全部を見返して反省して研究したと。

 

谷繁 ほぉー・・・それを今度はその1万球以上を覚えなきゃいけない。

 

アナ あぁぁ。

 

谷繁 まあなかなか厳しいですけど、それぐらいやれば今後の『あの場面』『この場面』でそれが出て来くるはずです。

 

アナ なるほど。伏見は自分のリードに満足してないと。

 

谷繁 その姿勢はいいですね。

 

アナ 雅樹さん、こういうキャッチャーがいるのはいいですよね。

 

斎藤 そうですね。

 

谷繁 伏見は絶対に最優秀バッテリーを獲りますからね(笑)

 

 

以上です。

伏見が正捕手ですね。
おすすめの記事