2021年10月23日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦に敗れて8年ぶりのBクラスとなった福岡ソフトバンクホークスについて元横浜の斎藤明雄と元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



ソフトバンクの年度別順位
2013年 4位
2014年 1位 日本一
2015年 1位 日本一
2016年 2位
2017年 1位 日本一
2018年 2位 日本一
2019年 2位 日本一
2020年 1位 日本一

 

アナ ソフトバンクは楽天に敗れて、目の前でCS進出を決められ、2013年以内となる8年ぶりのBクラスです。明雄さん、ショッキングです。

 

斎藤 誰が見ても優勝候補だったと思うんですよ。それがやはり怪我人が出たのが大きいのかなと。

 

アナ うーん。

 

斎藤 あとは外国人の加入が遅れたりしましたからね。そしてソフトバンクは投手陣で持ってるチームだと思ったんですけど、今シーズンを見てると、本当にフォアボールが多い。そしてもう1人頑張ってくれ、というところで長打を浴びてゲームを決められてるのかなという試合が多かったと思います。悔やまれる試合が多かったですね。

 

アナ なるほど。色んな原因があると思います。そして指揮官も代わり、新たな挑戦が始まるのですが、立浪さんはいかがですか?

 

立浪 やはりずっと強かったチームですからね。こうやって毎シーズンクライマックス、日本シリーズとスゴく長く野球をやってましたよね。

 

アナ はい。

 

立浪 当然中継ぎ投手であったりの故障、野手もそうですけど、それで今年のBクラスになってしまったのかなと思いますね。

 

アナ しかし、まあ来年に向けて新たな挑戦がこれから始まります、明雄さん。

 

斎藤 これでもうBクラスが決まったので仕方ないですからね。シーズンが終わって、何日後かに来年に向けて、しっかりと体を手入れして練習に励んでほしいなと思いますね。

 

 

以上です。

ひとつのサイクルが終わった感。
おすすめの記事