2021年11月21日にTBSで放送された『S☆1』でこの日のオリックスバファローズvs.東京ヤクルトスワローズ 日本シリーズ 第2戦を落合博満がオレ流解説をしています。

 



試合前

2戦目の注目点は?

落合 両左腕投手(宮城と高橋)が出てくるんだろうけど、お互いのピッチャーの投げっぷりですよね。

 

 

試合開始

両投手ともに無失点の立ち上がり

 

両先発の立ち上がりについて

落合 宮城の場合は色んな球種でカウントを稼げるというのはあるでしょ。ただ、高橋の場合は真っ直ぐ一辺倒だった。真っ直ぐに絶対的な自信を持ってるってことでしょうね。まあ、お互いに持ち味を出してるんじゃないですか。

 

両先発ともに無失点のまま中盤戦へ

 

こういう展開だと監督は座して待つ?

落合 それで間に合うかどうかです。待ってたらゲームが終わっちゃう可能性があるし。

 

5回表 ヤクルトのバッター中村悠平が三球三振

 

この三球三振(最後は見逃し)について

落合 この見逃し三振が分からない。2ストライク取られてるわけでしょ。真っ直ぐを見逃して、ただ帰ってくるってのだけはどうも理解できなくてね(笑) 振れよっていう(笑)

 

6回表 宮城が初ヒットを許す

 

落合 初めてランナーを置いてセットで投げるというのは気持ち悪いもんですよ。

 

宮城は2塁にランナーを置くものの無失点で凌ぐ

 

落合 ここを0で押さえたのは大きいですよね。ましてや初めてのランナーで、連打を浴びての0というのは。

 

7回終了して依然として0-0のまま

 

継投について

落合 これで8イニング目に行くかどうかですよ。ベンチとしては1イニングでもこのまま多く投げてくれればと思ってるでしょ。

 

落合監督ならどうする?

落合 あぁ、まだ行かせるけどね。

 

12回までの延長を考える?

落合 そこまでのシナリオを考えてるでしょう。

 

8回表 宮城はノーアウトから四球を出す

 

簡単に先頭打者を出したように見えたが

落合 うーん。ちょっとボールが高くなってるような気がしないでもないかな。

 

2アウト1-2塁になり青木にタイムリーが出てヤクルト先制

 

宮城はここで降板(7回2/3 被安打5 失点1)

落合 ピッチングとすれば悪くないけど、これで1-0で負けたら、『あそこが悔やまれる』ってなるだけでね。『良く投げた』っていうのはやっぱり勝ちに繋がって初めて良く投げたと言えるだけであって、負けたら何もないということですよ。

 

最終スコア2-0でヤクルト勝利。高橋は9回5安打5奪三振で完封。

 

試合の総括

落合 高橋が良く投げたということです。それに尽きるんじゃないかと思います。宮城はよくあそこまで投げたなっていうことは言えると思う。でもオリックスは負けたという事だからね。1点取られようが10点取られようが負けは負けですから。

 

 

以上です。

オレ流解説。
おすすめの記事