2018年5月22日のvs.ヤクルト戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神・メッセンジャー、ヤクルト・石川の先発で始まる。阪神は3回裏にヤクルト山田が2回もエラーをしてくれたおかげで一挙に2点先制し更にチャンスが続きロサリオが2ランを打ち畳みかける。更に糸井もソロで続きこの回に5点を取る。しかし、この日のメッセンジャーはピリっとせずに4回表にすぐに3点を返される。阪神は2点差に迫られるが4回裏に福留の犠牲フライで1点を追加する。ここから試合が流れ阪神はコンスタントに追加点を重ね最終スコア8-3で阪神が勝利。スカイAとMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ ナイスゲームでした。

 

金本 はい。ありがとうございます。

 

アナ 久しぶりの大量点と二桁安打でしたがこの打線の奮起はいかがでしたか。

 

金本 まあ、もともとは相手のミスから貰った点でしたけど、そこからつけ込めたという点では良かったと思います。

 

アナ その相手のミスからロサリオと糸井の連続ホームラン。これはいかがでしたか。

 

金本 ロサリオは久しぶりにスカっとする当たりで糸井も続いてくれてね。あれで雰囲気がちょっと変わったような気がしますね。

 

アナ そして、4回の植田のセーフティバントも効いたと思うのですが。

 

金本 はい。僕らも全く予想しなかったんですけど、自分の判断でやってくれてね。もう少しライン上にいってほしかったんですけど、そこじゃなくてもセーフになるんですから大した足ですね。

 

アナ そして、福留がキッチリとベテランの味でしたね。(※犠牲フライのこと)

 

金本 最低限というか当たりも良かったですし、欲しい1点でしたので良かったですね。

 

アナ 先発のメッセンジャーは5点を取って3点をすぐに取られましたが。

 

金本 今日の序盤は良かったと思うんですけど、ちょっと3点を取られた回は全部初球に全部逆方向に打たれたんでね。そこをもう少し梅野が何かを感じ取って工夫してほしかったなと思うんですけど、これも経験なんで今後に生かしてほしいですね。

 

 

アナ 今日は大事な一戦だったと思うんですけど、奇しくも星野仙一さんの故郷の倉敷での勝利は改めていかがですか?

 

金本 そうですね(笑) その事は頭に無かったんですけど、結果的に良かったです。

 

アナ 明日からも期待しています。

 

金本 はい。ありがとうございます。

 

 

【インタビュー後の金本監督のコメント】

金本 今日のロサリオはボールを見極めた所も見極められなかった所もあってまだまだ微妙だけれども、1本出たことで気分を良くして前向きにやってもらいたい。大山は守りでの貢献がやっぱり大きい。打率を見たらまだまだスタメンを本当は張れるような打者ではないけど何とか今日のタイムリー(8回裏)で首の皮一枚繋がったね。

 

【試合後の香田コーチのコメント】

香田 メッセンジャーはゲームに入ってからボールが高かったり、微妙なコントロールがね。でも、あそこまでよく粘ってくれました。

 

【試合後の片岡ヘッドコーチのコメント】

片岡 相手のミスもあったけど4番5番がああやって打つとこういう試合になるよね。ロサリオは今日のホームランを切っ掛けにほしいいね。

 

 

以上です。

久々に気分良く勝った試合でした。ロサリオはホームランを打つとトンネルに入るんでこれからまた打たなくなる可能性はありますけどねぇ。

なお、2018年5月19日、20日は私の野球観戦の環境ではどこの局も試合後のコメントのレポートがありませんでしたのでアップできませんでした。

おすすめの記事