2018年5月31日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のボルティモアオリオールズとの対戦で開幕から2ヵ月で9勝目をあげたワシントンナショナルズのマックス・シャーザーについて高橋尚成がフリーアナウンサーの平原沖恵と共に語っています。

 



【この日のシャーザーの投球内容】

8回111球、被安打2、奪三振12、四球1、失点0

今季9勝1敗 防御率1.92 (5/31の試合終了時点)

 

アナ ナショナルズのシャーザー投手は素晴らしいピッチングでしたね。

 

高橋 そうですね。こうやって三振が取れるピッチャーというのは良いピッチャーの条件の1つでもありますから、今日もキレキレだったんじゃないですかね。

 

アナ シャーザー投手の奪三振率が13.56なんですが、2001年にランディ・ジョンソンさんが372奪三振した時が奪三振率が13.41だったんですよね。これを上回っているので本当にシーズンの終わりがどうなるか。

 

高橋 楽しみですよね。もしかしたら、300以上の奪三振を取るかもしれませんから本当に凄いなあ。

 

アナ 楽しみですよね(笑)

 

高橋 もう数字が大きすぎて分からないです(笑)

 

アナ 今シーズンの成績をご覧いただきましょう。

 

今季の主な成績

勝利数9   1

奪三振120 1位 

防御率1.92 3

通算150勝 サイヤング賞3

 

 

アナ 軒並みメジャーの上位です。

 

高橋 そうですね。エースとしてかなり活躍していますし、通算150勝もしてサイヤング賞3回ですからね。このサイヤング賞3回というのはあり得ないですよ。本当に凄いです。

 

アナ 凄い(笑)

 

高橋 殿堂入りも囁かれていますしね。でも、まだワールドチャンピオンになっていないんですよね。

 

アナ そうですね。

 

高橋 今年はハーパーも調子がいいですし、(ナショナルズで)最後になるかもしれないんで2人でワールドチャンピオンになってほしいですね。

 

アナ チャンスですからね。

 

 

以上です。

シャーザーの凄まじいフォーシームが威力発揮しまくりです。三振をドンドン取っていくあのフォーシームはかっこよすぎです。

おすすめの記事