2018年6月3日のvs.西武戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

試合は阪神・藤浪、西武・榎田の先発で始まる。阪神・藤浪は初回に植田のエラーから2点を奪われる展開。西武の榎田は序盤から上々の立ち上がりでスイスイと中盤まで試合が進む。試合が動いたのは5回裏、藤浪は俊足ランナーの金子にヒットを打たれ出塁される。執拗に牽制するがそれが悪送球になり傷口を広げて次の打者の秋山にライト前ヒットを打たれてライトの糸井がバウンド処理を誤り2塁ランナー金子を返してしまう。その後に浅村にもタイムリーを打たれてこの回に2点を取られる。阪神も反撃で6回表に糸井、福留、中谷、陽川の連打で一挙に3点を返して反撃をする。しかし、6回裏に1アウトから外崎にヒットを打たれてから2者連続四球で崩れて満塁で岩崎にピッチャー交代。しかし、岩崎がタイムリーを打たれ、その後に引き継いだモレノも打たれ一挙に6点取られる。これ勝負が決まり、最終スコア10-5で阪神の敗戦。MBSテレビとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―先発の藤浪について

金本 まずまずだったよね。次も期待できる。ただ、ランナーを気にする場面になるとコントロールを乱してしまうことは非常に問題はあるんだけど、そうじゃない場面ではいいボールもいっていた。ランナーを気にする場面を克服しないといけない。ただ、期待を持てる内容だったので1回抹消するけれども、次回にまたキッチリと投げてもらいたい。

 

―懲罰交代した植田海の守備について

金本 (初回のエラーは)目の前のプレーをしっかりやらなきゃ。ボールに刺されている。自分のタイミングでしっかりとボールが捕れていない。目の前のプレーをしっかりできないと彼はゲームに出られない。

 

―ゲッツーになった植田海の打撃について

金本 (転がせば1点の場面で)セカンドベース近辺のそこだけは打ってはいけないという所。何度も言っているのにそこに打ってしまう。あのコースに打ってしまうのは技術力であり、意識の問題であり、試合中にこれでは使えないということで途中で北條に代えました。

 

―相手の先発の榎田に負けたことについて

金本 いやぁ、こっちの自滅ですから。

 

―陽川が2ランとタイムリーを打ったことについて

金本 少ないチャンスだけどしっかりと結果を残してくれた。

 

 

以上です。

藤浪は投げ方も良くなっているように見えました。前までは見るからにカクカクした感じで投げていましたが、今日は柔らかくリラックスして投げられていました。榎田にはボチボチの投球をされましたね。

おすすめの記事