2018年6月9日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦での横浜DeNAベイスターズのラミレス監督の冴える采配について元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。後半に元横浜の斉藤明雄とフリーアナウンサーの梅田淳も加入して語っています。

 



【冴える采配① 濱口から三嶋にスパっと代える】

アナ 1点差勝利をものしたDeNAですが、今日は豊さんの視線はラミレス采配。

 

高木 そうですね。見事だったのは、同点に追い付かれた6回表の中田翔のホームランの後に先発の濱口を勝たせないといけないという事もあったと思うんですけども、ここで同点に追い付かれてスパっと代えるんですよ。

 

アナ はいはい。

 

高木 それで、やっぱりランナー無しで次のピッチャーに繋ぐというのは代わりに出て来たピッチャーの三嶋も楽ですよね。だから、この三嶋の好投で2本のホームランを打たれたんだけども、同点で終わった感じだけで流れを渡さなかったんですよ。その三嶋も素晴らしかったけども、そこでスパッといったラミレス采配、これは見事だったですよね。

 

アナ それが攻撃面で表れたんですよね。

 

【冴える采配② 7回無死1塁の場面で神里に強行策】

高木 そうですよね。もう1点差勝負になってきて7回表に先頭バッターが出た。

 

アナ はい。

 

高木 それで、ここは迷ったと思うんですけど、神里を信じましたよね。(※送りバントではなく強行策で神里が左中間2塁打を放って決勝打になる)

 

アナ はい。

 

高木 これが当たる。やっぱりチームと共にラミレス監督の頭も冴えてきたなという印象を受けましたね。

 

アナ なるほどね。そのラミレス監督は「5連敗の後の連勝で勢いが戻りつつある パ・リーグはどこもタフなチームばかり 一寸先は分からない」というコメントでした。

 

高木 そうですね。

 

 

【ここから斉藤明雄と梅田淳アナも一緒に高城について語ります】

梅田 豊さん、ラミレス采配も当たりましたが何か他に好材料はありましたか?

 

高木 高城の成長を感じましたね。よくバッターの心理が見えているというね。

 

梅田 うーん。

 

高木 まあ、変化球を多く使いながら最初は組み立てて。これは三振を取った球種なんですけども。

 

先発・濱口遥大 この日の三振割合

1~3回4~6回
ストレート03
変化球41

 

アナ はい。

 

高木 1回から3回までは変化球で4つ取っているんです。そして、4回から6回はストレートで3つと。だから、完全に裏をかけるようになっているんですよね。

 

アナ うーん。

 

高木 先発の濱口は投げそこないがあったんで、どんな配球をしても打たれたんですけどね。まあ、スゴく高城の成長は感じました。

 

アナ 明雄さんは投げる方からしても高城のリードは光りましたね。

 

斉藤 そうですね。今までの自分とは違ったものを出してくれたという感じだと思うんですよね。困った時に変化球で組み立てられるようにも出来たんじゃないかと思います。

 

 

以上です。

監督の采配が絶妙に冴える時がありますよね。この日のラミレスはそういう感じだったんだと思いますね。

おすすめの記事