2018年7月8日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のロサンゼルスドジャース戦で先発DHで出場したものの4打数ノーヒットと打撃の調子が上がらないアナハイムエンゼルス大谷翔平についてメジャーで活躍した高橋尚成がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



【この日の大谷の打撃内容】

1打席目 三振

2打席目 ファーストゴロ

3打席目 キャッチャーファールフライ

4打席目 三振

打率.269 (7/8の試合終了時点)

怪我から復帰後5試合中4試合でノーヒット

 

【大谷の試合後のコメント】

大谷 (セーフティバントを試みたことについて)チャンスがあればバントの方が確率が高いと思ったので。そこにいないので、そこに打てばヒットになるかなという感じですね。(右膝に自打球を受けた影響は?)大丈夫だと思います。

 

 

アナ フリーウェイシリーズ第2戦の大谷選手は4打数ノーヒットでインタビューも悔しそうな表情でした。高橋さん。

 

高橋 んー、大谷選手はまだ本調子ではない感じですね。もう少し時間が掛かるかなと思いますね。

 

アナ 大谷選手ですが最初の打席から3打席連続でバントの構えを見せていましたよね。

 

高橋 本人も言っていましたけど、シフトを敷かれたので意識をしていたと思いますよね。これまでしなかった行動ですから、ちょっとヒットを欲しがっているような気がしますね。第1打席にバントを試みてファールになったのも何とかヒットを生み出した気持ちもだと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

高橋 その後に空振り三振するんですけど、バットが出てきていないので、まだまだ時間が掛かりそうだなと感じますよね。まあ、体の調子も100%ではないでしょうから、感覚的にまだまだ戻ってきていないのかなと思いますね。

 

アナ はい。

 

高橋 まあ、ある意味、突貫工事みたいな感じで治ったからすぐに出ようという感じだと思うんですよね。だから、まだまだ難しいのかなと思いますよね。

 

アナ まずは試合感を取り戻すところからになりますか?

 

高橋 そうですね。

 

アナ 2試合前のマリナーズ戦ではマルチヒットでしたが、ここ2試合はノーヒットです。

 

 

高橋 うん。まあ、マルチヒットを打った時のピッチャーがやっぱり変化球中心のピッチャーなんですね。

 

アナ はい。

 

高橋 マリナーズのリークというピッチャーなんですけど、そのピッチャーのインコースに来た球をうまく対応した感じがするので、そういう意味では今回のようにストレート系の力のあるピッチャーだとまだまだ厳しいのかなと感じますね。

 

アナ はい。そして、9回には前の試合でサヨナラ勝ちのきっかけとなったジャンセン投手と再び対戦となりました。

 

高橋 そうですね。前回はジャンセンが自らのフォアボールで崩れていきましたからね。

 

アナ 急にでしたよね。

 

高橋 そうなんですよね。まあ、さすがに今回は絶対に抑えてやるという気持ちがスゴく出ていたと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

高橋 本気度が違った感じがしましたね。初球から自分の得意球のカットボールをどんどん投げてくるんですけど、球威とキレ共に大谷選手を上回った感じがしますよね。右膝への自打球もかなり痛そうですよね。

 

アナ ヒヤっとしましたね。

 

高橋 まあ、この痛みがあったから最後は鈍いスイングだったと思うんですけど、骨には異常がないと思うので特に問題はないと思いますけどね。

 

アナ ソーシア監督は次の試合以降は様子を見るらしいのですが。大丈夫ですかね?

 

高橋 多分、大丈夫だと思います。明日、明後日の状態を見て確認しながら試合に出るかどうかを決めていくと思いますね。

 

アナ まずは次の一本に期待しましょう。

 

高橋 そうですね。

 

 

以上です。

苦しんでいますね。どうにかして立て直してほしいです。膝の自打球もかなり痛そうにしていました。

おすすめの記事