2018年8月3日にBS朝日で放送された「スポーツクロス」で元巨人で活躍し、高校野球では池田高校で何度も甲子園で優勝した水野雄仁が1982年の夏の甲子園の大会で対決した荒木大輔率いる早稲田実業戦についてヤクルトで監督をしていた古田敦也とテレビ朝日アナウンサーの徳永有美と共に語っています。

 



1982年の夏の甲子園大会 準々決勝で対戦した荒木大輔が率いる早稲田実業にまさかの大勝で池田高校は注目されることになる

 

 

アナ 間違いなく言えるのは、甲子園を湧かせた荒木大輔選手から甲子園の主役が変わったと。

 

水野 そうですね。

 

古田 それは間違いない。

 

アナ はい。やはり、そのやまびこ打線という言葉が、この1982年の夏の甲子園大会で明確になったと。

 

古田 そうですね。やっぱり、当時の池田高校の勝ち方は圧倒的でした。

 

アナ はい。

 

古田 もう池田が凄いと。

 

アナ その荒木選手ですけども、早稲田実業でカッコいい、本当にブームだったんですねぇ。

 

古田 見てどうですか?カッコいいでしょ?

 

アナ カッコいいですよね。はい。

 

古田 しかも、早稲田実業ですからね。東京の名門でスラっとしていてお客さんがキャーキャー言っている所で池田高校です。徳島の田舎もん。

 

水野 (無言で頷く)

 

古田 おっさんみたいな体をした奴らがバーン!と打つんですよ。

 

アナ フフフ(笑)

 

古田 見ている側は気持ちいい(笑) 俺はね(笑) 早稲田実業を応援している人たちは多かったと思うけど、俺は気持ちいい。

 

水野 やっぱり、田舎を応援したがる人は多いですよね。

 

アナ そうですよね。実際に荒木選手をああいう形で負かした時は、どういうお気持ちだったんですか?

 

水野 実際は池田高校は田舎なんで、そんなに荒木さんがアイドル的な情報が入ってこないんですよ。

 

アナ そういう時代?

 

水野 だってテレビが映らないもん。NHKとNHK教育と四国放送しか映らない。

 

アナ え!?

 

古田 日本の話やからね。

 

アナ ハハハ(笑) 古田さんはこの試合をご覧になっていましたか?

 

古田 この大会の一大トピックだったので、池田が早実を破って荒木の夏が終わるというニュースが毎日のようにやっていましたから。

 

水野 うん。荒木さんに勝った後に畠山さんのところには相当な色んな物が送られてきたみたいですね。(※畠山準は水野の1つ年上で4番でエースだった人)

 

古田 でしょうね。

 

水野 女性ファンから。

 

アナ へぇ。

 

水野 荒木さんのファンからですよ。

 

古田 うん。荒木さんの球は大したことなかったの?

 

水野 いや、凄かったんでしょうけど、僕たちは畠山さんで練習しているから、畠山さんより速いと感じた人はいなかったですね。

 

他のテーマでも語っています

 

 

以上です。

徳島県のただの高校がこの1982年の優勝で大注目されるわけです。

おすすめの記事