2018年8月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦の延長で1点ビハインドで経験の浅い広島の高橋樹也を助けてしまうような打撃をしていまった横浜DeNAベイスターズの倉本寿彦について元阪神ダイエーの池田親興と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【状況】

10回裏 DeNAは1点ビハインド

ノーアウトから田中浩康がエラー出塁

倉本が3ボール1ストライクから二飛

神里が併殺打でゲームセット

 

 

アナ 延長戦を制した広島が連勝ですね。

 

岩本 そうですね。広島の高橋樹也投手はプロ初セーブです。ヒーローインタビューも初々しかったですね。

 

アナ はい。

 

岩本 ちょっとバタバタしたんですけど、結果が最高の良薬となって、今後のマウンドは自信満々で投げられると思います。でも、そのプロ初セーブをつけさせたDeNA打線のちょっともったいないバッティングがあったんですね。もう完全にあっぷあっぷしていたんでよ。

 

アナ はい。

 

岩本 まあ、緊張感からなのか、田中浩康にはサードのエラーで出塁され、もう地に足がついていない高橋樹也がマウンドにいたんですけども、次のバッターの倉本はヒッティングカウント(カウント3ボール1ストライク)で打ちたいところなんですよ。

 

アナ はい。

 

岩本 でも、あっぷあっぷしているピッチャーの心理をどこまで頭の中で描いていたかということなんですよね。

 

アナ うーん。

 

岩本 チカさん、もう完全にマウンド上で高橋樹也はあっぷあっぷ気味だったんですよね。

 

池田 そうなんですね。緊張して、勝つためにあそこで自分がいつも通りの体の動き出来ているかと言えば、僕は出来ていなかったと思うんですよ。

 

岩本 はい。

 

池田 そこで、あそこでフルカウントまで粘られたとしたら、その次の投げる球って甘い所に投げられないという意識が、フォアボールはイヤだという意識が、ピッチャーに働くと思うので。

 

岩本 はい。

 

池田 そうなった時はフルカウントで五分五分と言いながらも、あの状況ではやっぱりバッター有利のカウントじゃないかなというところで、ここで打ったのは悪いわけではないんですから。

 

岩本 はい。

 

池田 ここで打つのであればちゃんと仕留められる、待ち球のところだったのかというのと、倉本も打とうとしているので、いつも以上に体が堅くなっていたというところですね。(結果はセカンドフライ)

 

岩本 はい。

 

池田 非常に一瞬のことでしたけど、もったいなかったです。

 

岩本 でも、あのフライの後から高橋樹也の姿が変わりましたよね。

 

池田 変わりました。あれで自信になったので、次の登板が楽しみだなと。

 

 

以上です。

完全に結果論にも思えたりしますけど、負けが込んでいるチームはこういうことが起きやすくなるんです。

おすすめの記事