2018年8月2日にスカイAで放送された「高校野球 夏☆甲子園直前生スペシャル」で千葉ロッテマリーンズの安田尚憲が高校野球の思い出を語っています。安田尚憲は大阪府の履正社高校で夏の甲子園を高校2年生の時に出場し3回戦で敗退。3年時の夏の大会では大阪府予選で準決勝で大阪桐蔭に敗れ甲子園出場は叶いませんでした。聞き手は恐らくアナウンサーなのでアナと表記しています。

 



アナ 夏の甲子園の思い出。今、パッと浮かぶものはどんなものだったりしますか?

 

安田 やっぱり、僕が初めて甲子園に出たのが高校2年生の夏の甲子園ですごく目標にしていた舞台だったので、甲子園に立てた時は野球をやってきて良かったなあという気持ちがありました。まあ、先輩に連れて来てもらったというのもあるんですけど、本当にすごく楽しくプレーできたなという記憶があります。

 

アナ その経験が今のプロの生活にどんなふうに影響していますか?

 

安田 やっぱり、その目標に向かって、ずっと一生懸命やることに間違いはないと、本当にその時に思ったので、それはプロに入ってからも変わらず、その気持ちはあります。

 

アナ 憧れの舞台に日本中の高校球児が頑張っていると思うんですけど、その球児に向かって熱いメッセージをお願いします。

 

安田 全国の高校球児が全員目指す場所だと思うので、それに向けて負けても勝っても悔いの残らないようなプレーをしてもらいたいと思います。

 

 

以上です。

安田は頭の良さが端々から感じます。2年の夏に出場して3年の夏では出場が叶いませんでした。

おすすめの記事