風の中で7回1失点2勝目のSB大竹を平松、江本、金村が語る 2018年9月6日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で先発し7回1失点の好投でプロ2勝目をあげた福岡ソフトバンクホークスの大竹耕太郎について元横浜の平松政次、元南海阪神の江本孟紀、元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

【この日の大竹の投球内容】

7回100球、被安打7、奪三振5、四死球1、失点1

2勝0敗 防御率2.67 (9/6の試合終了時点)

 

【大竹のヒーローインタビューの一部】

大竹 ここ何試合か我慢しないといけない試合が続いている中で気持ちを切らさずにしっかりと投げられたので良かったと思います。マリンスタジアムはすごく風が強いんですけど、そういう中で風を上手く使いながら、変化球を上手く使いました。相手の研究も進んでいますし、そういう中で自分のピッチングっていうのを貫いてできているので、日に日に良くなっていると思います。チームが苦しい中でゼロを並べていくっていうのが僕の役割なんで、1イニングでも多く、1人でも多く投げてリリーフの方に休んで頂けるようなピッチングがしたいと思います。

アナ 大竹投手、1ヵ月ぶりの2勝目となりました。

平松 今のヒーローインタビューを聞いているとね。

アナ はい。

平松 風も計算して、相手も研究して、選手としてはなかなか言えない。

金村 フフ(笑)

平松 金村さんは大竹を絶賛してますね。

金村 僕は初勝利のときも見ていてね。育成から上がって、球持ちもいいですしね。特にマウンド上で表情一つ変えないんですよ。

この日のvs.日ハム戦で先発し勝ち負けは付きませんでしたが、6回を1失点にまとめた1年のルーキーで育成出身サウスポーの福岡ソフトバンクホークス・大竹耕太郎について金村義明が語っています。

平松 そうですねぇ。

金村 ピンチになっても表情を変えない。これはすごくいいピッチャーだなと思って。まだ2勝目なんですけどね。

平松 ですよね。まあ、早稲田から育成ドラフトでソフトバンクに行ってね。

金村 うん。

平松 江本さん、ソフトバンクは投手陣が豊富なんですよね。

江本 まあ、次から次へと出てくるからね。層が厚い。ピッチャーはいいね。

平松 その中で大竹を先発に回したってことは相当力を持っているんでしょうね。

江本 まあまあ、投げ方もいいですしね。

平松 いいですよね。

江本 喋りもいいし。

平松 ハハ(笑)

江本 ピッチャー向き(笑)

アナ 皆さん大絶賛です。

平松 はい。

以上です。

ソフトバンクは育成ドラフトでポンポンいいのが出てきます。