野村克也がドラ1候補の根尾昴 小園海斗 藤原恭大 吉田輝星を分析 2018年9月9日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月9日にTBSで放送された「S-1」でドラフト1位候補の大阪桐蔭高校の根尾昴、報徳学園高校の小園海斗、大阪桐蔭高校の藤原恭大、金足農業高校の吉田輝星について分析しています。

大阪桐蔭高校 根尾昴

―ピッチャーとしては

野村 これくらいの球を投げるピッチャーならたくさんいるでしょ。バッターとして使う。

―根尾の打撃について

野村 スイングも言うことないよ。無駄な軌道がない。バットがミートポイントまで最短距離を走ってパワーもある。やっぱりピッチャーができるということは手首が強いのかな。

―根尾は勉強も優秀

野村 頭が良いってのはいいやん。野球は頭のスポーツというのは俺の持論だけど。

報徳学園高校 小園海斗

―50メートル5秒7の俊足

野村 足が速いのは魅力だな。『足が速い』、『肩が強い』、『遠くへ飛ばす』というのは天性だから。努力してもできないものを持っているのが一番いい。技術論はプロに入ってから十分鍛えられるわけだから。評価はドラフト1位だね。

大阪桐蔭高校 藤原恭大

―最初に気になったこと

野村 (打席で)すごい目つきしてるな。

―藤原の打撃について

野村 パワーよりも打ち方だよ。腰を上手く使って回っている。腰が上手く回らずに手だけで打つとファールになる。力仕事は全部『腰』。インコースの模範的な打ち方だよ。これはプロに引っ張りだこだろ。

金足農業高校 吉田輝星

―ニュースでご覧になったことは?

野村 見たよ。見たよ。こっちの方が騒がれているよな。優勝した大阪桐蔭よりも。

―吉田の投球について

野村 いい真っ直ぐだなあ。あんな高さを振るということはよっぽど速いんだよ。ホップするんだろうね。バッター目線で言うと、ストライクに見えて、それを振ったら高かったという。ボールが指によくかかっているんだよ。良いピッチャーだ。

―吉田の課題についてどうしても言いたい

野村 今の子は下半身の使い方が下手だな。腕主導の投げ方が多い。もっと下半身主導で下から上っていう投げ方ができないのかな。今は上半身から下半身だもんな。

―下半身が使えるようなるとどうなる?

野村 もっと球速が出るよ。

―吉田の進路については

野村 俺の勝手な持論だけど、ちょうど18歳から22歳は一番影響を受ける年代でしょ。ピッチャーとかキャッチャーは将来でプロでやるのなら即プロに行ったほうがいい。

4人の細かな分析は以上

―野村克也が最も評価したドラフト1位の選手は?

野村 僕が選ぶドラフト1位は大阪桐蔭の根尾昴君です。

―その理由は?

野村 広角に打てそうじゃん。ああいう逆方向にいい打球を飛ばすというのは、俺ができなかったから余計に惚れちゃうわな。

ここで生中継でスタジオにいる槙原寛己にVTRの野村が質問

野村 槙原だったら誰をドラフト1位にする?

槙原 はい。ありがとうございます。僕なら吉田投手ですね。僕も高校から入っているんですけど、やっぱりプロに入って揉まれた方が自分で感じているんで、野村監督が言うように、プロで一生懸命下半身を鍛えていけば、もっと速い球を投げられると思います。彼の回転のいい球というのは非常に印象的だったので、僕は吉田投手にプロに入ってもらいたいなと思います。

以上です。

赤星と江川は小園をイチオシでしたが、ノムさんは根尾です。