2018年9月19日にフジテレビONEで放送された東京ヤクルトスワローズvs.阪神タイガースの試合前にVTRで9月17日の広島カープ戦で初打席で初ホームランを打ったヤクルトのドラフト1位ルーキーの村上宗隆がインタビューされていました。

 



―1軍デビューというのを感じた瞬間は?

村上 やっぱり球場で人の数が多かったのが一番驚きました。

 

―初打席 初ホームラン、打席に入ったときの心境は?

村上 初回に僕がエラーをして失点してしまったので、そのエラーを取り返そうという気持ちがホームランになって良かったと思います。

 

―ホームランを打った瞬間に右手を突き上げたことについて

村上 あんまり僕はガッツポーズをするタイプではないんですけど、自然とというか、僕もあのときはけっこう頭が真っ白になって体が勝手に反応しちゃった感じだったので、そこはあんまり意識していなかったです。

 

―デビュー戦の収穫と今後の課題について

村上 まだまだ練習することばっかりなんで、収穫も課題も挙げればいっぱいあるんですけど、まずは一つ一つ課題をクリアして早く1軍の舞台でもっともっと活躍したいと思います。

 

―小川監督が将来チームを背負って立つ存在と言っているが

村上 そう言って頂けるのは嬉しいですけど、全ては自分次第だと思っているので、もっともっと練習して1軍で活躍できるような選手になりたいと思います。

 

―ヤクルトファンに一言

村上 まだまだやることは多いですが、一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

 

初ホームランの打席について真中たちが語っています

 

以上です。

順調に育てば筒香みたいになるんでしょう。

おすすめの記事