2018年10月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でパ・リーグ、福岡ソフトバンクホークスvs.北海道日本ハムファイターズのクライマックスシリーズファーストステージの第2戦の展望を元中日西武の田尾安志、元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



アナ 明日、どうなっていくんだろうということで予告先発です。

 

ソフトバンク日本ハム

ミランダ

勝利

第1戦

上沢

敗戦

千賀滉大

対F 1勝1敗 防御率2.63

第2戦

マルティネス

対H 1勝2敗 防御率1.86

東浜巨

対F 1勝1敗 防御率3.72

第3戦

杉浦稔大

対H 1勝0敗 防御率0.00

 

アナ 2戦目は千賀対マルティネス。そして明後日は番組予想でありますが東浜と杉浦ということです。田尾さん、これはソフトバンクに相性の良かった上沢が打ち込まれたんであまり参考にならないですね。

 

田尾 どうなるか分からないですね。

 

アナ はい。

 

田尾 その日の状態というのはマウンドに立ってみないと分からないですね。

 

アナ ですね。それで過去のデータで関係ないと言いつつも千賀については日本ハムの主力打者では近藤が6割打ってたり、西川が4割打ってたり、中田が2割5分という状況なんですけど、金村さん、このあたりの相性はどうなんでしょうか?

 

金村 まあ、短期決戦はシーズンの相性というのは、タイミングの取りやすさというはあるとは思うんですけどね。

 

アナ はい。

 

金村 ただ、あんまり当てにはならないですよね。

 

アナ そうでしょうね。しかし、ただ田尾さん、千賀のお化けフォークが唸りを上げればそう簡単には打ち崩せないですよね。

 

田尾 そうですね。まあ、今日のバッターの状態を見ても、ソフトバンクの方が勢いがありますよね。

 

アナ うーん。

 

田尾 ファイターズの方は、特に中田なんですけど、今日は3三振ですよ。

 

アナ そうでしたね。

 

田尾 ちょっとこのあたりが爆発してくれないと、苦しいんじゃないかなと思いますね。

 

アナ なるほど。そして一方の日本ハムの2戦目はマルティネスが先発マウンドに上がるんですけど、金村さん、今日のことはあまり引きずらないで投げてほしいと思うんですけど。

 

金村 マイペースで投げるとは思うんですけどね。

 

アナ はい。

 

金村 田尾さんが仰ったようにバッターの勢いがソフトバンクにはありますからね。それとクライマックスシリーズに慣れてますしね。

 

アナ うん。

 

金村 ソフトバンクについてはあまり死角を感じないですね。

 

アナ 田尾さん、ヤフオクで応援するファンもこのムードに慣れてますもんね。

 

田尾 まあ、逆パターンでやられたこともあったりしますからね。

 

アナ 過去には下克上をね。

 

田尾 そういう意味ではしっかりとやると思いますけどね。

 

アナ それにしても栗山監督の表情をずっと見ていたら、やっぱりアララという表情が見えました。

 

田尾 うーん。

 

アナ ですから、上沢に対しては期待をしていたと思うんですけどね。

 

田尾 もう勝負に対してはピッチャー8割決まると思うんですね。

 

アナ なるほど。

 

田尾 その先発ピッチャーの出来が今日はあまりにも良くなかったんでね。

 

アナ うーん。

 

田尾 まあ、明日のゲームにガラっと変わる可能性が十分にありますからね。

 

アナ 金村さんの予想はどうですか。千賀とマルティネス。

 

金村 圧倒的な地の理というかね。ソフトバンクのホームでやる雰囲気ね。北海道から福岡まで行くわけですから温度差も全然違いますしね。これはやっぱりだいぶんハンディがあるんじゃないかなと思いますよね。

 

 

以上です。

先発次第です。

おすすめの記事