2018年3月に放送された「戦え!スポーツ内閣」で元阪神の掛布雅之が江川卓との対決についてタレントの武井壮、お笑い芸人のブラマヨ小杉、お笑い芸人のますだおかの増田、元阪神の狩野恵輔と共に語っています。

 



小杉 江川さんはどんなピッチャーだったんですか?

 

掛布 ボールに当たらないピッチャーですね。

 

武井 ボールに当たらない?

 

掛布 彼について僕がビックリしたのがオールスターに一緒に出てトレーナー室で隣同士でマッサージしてもらってたんですよ。

 

武井 はい。

 

掛布 そしたら江川が「掛布、プロのバッターって凄いよな」、「どうしたの?」って聞いたら「俺のボール当てるぜ」と。

 

一同 (驚きと笑い)

 

掛布 「お前、何言ってんだ?(笑)」って。

 

小杉 当てることで凄いって。

 

掛布 それで「俺はアウトコースとインコースを投げ分けられる」と。「でも、アウトコースぎりぎり、インコースぎりぎり投げて審判のクセでそれをボールって言われたら損じゃない」って。「だから真ん中付近でいいの」って。当たらないから。

 

武井 なるほど。

 

小杉 なんというセリフ、それ。

 

武井 真っ直ぐが当たらないと。

 

掛布 当たらない。まあ、初球はだいたいカーブを投げてくるんですよ。

 

武井 はい。

 

掛布 それ僕、絶対に打たないですから。

 

武井 打たない。

 

掛布 それは彼とオフに1回食事をした時に「1球目から打たない方がいいんじゃない」っていう話をしたんです。

 

武井 はい。

 

掛布 もう時効だから言いますけど。

 

武井 盛り上がるし。

 

掛布 なぜかと言うと、もうちょっと時間をかけた方が球場全体が盛り上がっていくと。

 

一同 驚き

 

小杉 エンターテイナー!

 

増田 魅せることまで。

 

小杉 俺らの対決が1球で終わってどないすんねんってことや。

 

掛布 そうそう。

 

武井 凄いねぇ、これ。

 

掛布 ただ、それは対決をお客さんにというちょっとチームの勝敗を度外視したわがままな対決をしていた時代なんですよね。

 

小杉 選手目線で考えてどうですか。狩野さん。今のこういうやり取り。

 

狩野 いや、もう羨ましいですね。最初にカーブって分かってたら絶対に狙います!

 

一同 爆笑

 

狩野 こういうのができるのがチームを代表する人間の対決ですよね。お互い。

 

武井 いい話だなこれ。

 

 

以上です。

ライバル同士で色んな人が注目した対決。

おすすめの記事