2018年5月6日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」という番組でこの日のvsパドレス戦で先発したドジャースの前田健太の投球について元ロッテの小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に解説しています。

 



【この日の前田の投球内容】

5回、被安打4、奪三振7、与四球7、失点3、防御率4.02

 

 

【試合後の前田のコメント】

まあ、初回の立ち上がりがあまり良くなくて、もったいなかったかな。また初回にホームランを打たれて良くなかった。ちょっと良くなるのが遅かったかな。5回ぐらいが1番良かったから、もう少し早く良い感覚をつかみたかった。

 

 

アナ ドジャースの前田投手、粘りのピッチングを見せましたが残念ながら3勝目はなりませんでした。解説の小宮山さん、ドジャースは終盤で崩れる試合が多いですよね。

 

小宮山 そうですね。開幕してけっこうな試合を重ねているけれども、なかなか調子が上がってこないので心配ではありますよね。

 

アナ そうですよね。では、前田投手のピッチングを見ていきます。序盤に失点した後はランナーを出すもののしっかりと打ち取っていました。

 

小宮山 はい。前田の投球内容に関しては全く問題ないと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

小宮山 もちろん、本人も「立ち上がりが」と口にしていましたけども、誰もが立ち上がりは不安なんで、その中でやれてはいるけれども、チェンジアップを非常に上手く使えている。そんなピッチングを出来ましたから。スプリングトレーニングから左バッターに対して上手くチェンジアップを使いたいと言っていたんですけど、今日はイメージ通りにボールの変化をキチンと計算通りに投げられていると思うんですね。それで、前の打席でホームランを打たれているホズマー(左打者)に対してもアウトコースの低めに見事な変化球で打ち取る。それで、尚且つ、このチェンジアップが有効なので速いボールがかなり効くわけですよね。

 

アナ はい。

 

小宮山 これだけ強い腕の振りでこられると、バッターもかなり差し込まれて振り遅れ気味の空振りになっていますし、今日のピッチング内容でいうと残念ではありますけども、チーム状態があまり良くないので勝ち星には恵まれていませんけど、内容は全然問題ない。

 

 

以上です。

マエケンの投球は合格点といったところでしょうか。新しいチェンジアップが上手くハマっていますね。

おすすめの記事